【世界半周した僕が湘南のIZA江ノ島ゲストハウスで働く理由】

ウユニ塩湖 ボリビア

 

どうもよしきです!
このブログの自己紹介を読んでくれた人なら知ってると思いますが、
僕はフィリピン留学、カナダワーホリ、バックパッカーの経験があります。
そしていまは江ノ島にある【IZA江ノ島ゲストハウス】のマネージャーとして
毎日楽しく幸せに働かせていただいております。

 

つい数年前までは一切やりたいこともなく、
毎日つまらないと思いながら日々を過ごしていた僕が
1日1日を噛み締めながら感謝して生きてるなんて不思議だな。

 

こんな生き方ができるようになったきっかけってなんだろう?

 

そう思った時に、
初めて泊まったゲストハウスからある【贈り物】をもらって、
それをいまでも大事に心にしまっていることに気づきました。
そしてそれがいまゲストハウスで働いている理由にもなっているんです。

 

誰もが持っていて、探しているはずなのに
目に見えないからなかなか見つからない。
だけど自分の人生を生きるために絶対に気づかなきゃいけない。

 

そんな大事なものの話。

 

【やりたいことなんてなにもなかった僕】

 

フィリピン 語学学校

 

「何も持ってない人なんていないよ。
みんななにか磨けば光るものを持っている」

 

そんな言葉が憎く思えるくらい僕にはなにもありませんでした。

 

やりたいことも行きたいところも、
大きな夢や目標も。

 

あるのはただ繰り返される退屈な仕事の日々と
それを変えたいと思うもやもやだけ。

 

だけどなにか行動を起こすわけでもなく、
もちろん誰かが助けてくれるなんてこともない。

 

変わらない生活の中でやりたいことが急に見つかるわけもなく、
地元という狭い世界で仕事の愚痴をひたすら並べ、
できない理由を探すことばかり上手くなっていく。

 

きっと人生を変えることができるのなんて一握りの人たち。
自分にはまるで無縁の世界。

 

それが普通。それが僕の人生。
後悔ばかりを数えながら死んでいくんだろう。

 

そう思っていた。

 

【ゲストハウスで人生が変わった瞬間】

 

ウユニ塩湖

 

だけど、その世界は一瞬にして壊された。

あの日泊まったゲストハウスで僕は出会ってしまったんだ。

 

自分のやりたいことを仕事にしている人、
留学に行くんだ!と目を輝かせて話す人、
ただただ自分の心に従ってバッグ1つで旅をする人、
言葉の壁を恐れずに異国の地で挑戦したいという海外の人。

 

自分の夢をがむしゃらに追いかける人たちの、
自分の人生を精一杯生きているかっこいい人たちの
眩しすぎるくらい前向きな笑顔を見てしまった。

 

自分がいままで生きてきた狭い世界にはなかった
知らない世界を知ってしまった。

この人たちが過ごしている1日と
僕が過ごしてきた1日が同じものだなんて。

 

ずっと抱えていたもやもやが晴れた気がした。

 

やりたいことがないなら探せばいい。
どんなに些細なことでも興味があるなら始めればいい。
やりたくないことは思い切ってやめてしまえばいい。

 

なんだ、単純じゃないか。

 

もしかしたら生きるっていうのは
思っていたよりもずっと素晴らしくて楽しいのかもしれない。

 

白黒だった世界が一瞬にして色付いた。

 

【ゲストハウスからの贈り物】

 

ジャスパー カナダ

 

なんとなく選んだゲストハウスで
僕は思いがけず人生を変える切符をもらいました。

 

いや、もらったんじゃない。
最初から心のポケットに入っていたんだ。
それに気付けていなかっただけ。

 

どこへでも行けて、なににでもなれる切符。
特別にみえるけど誰もが持っているもの。
ひとつとして同じ目的地に到着するものはなくて、
進むスピードもバラバラ。

 

疲れたら途中で降りて休んでもいい。
前を向けなくなったらいくら寄り道したって迷ったっていい。
そこにもきっとたくさんの出会いがあって、
ネガティブをポジティブに変えるヒントが落ちていて、

 

無駄なことなんかひとつもないって教えてくれる。

 

あなたもそんな素敵な切符を持っているんだよ。
ただ気づくきっかけがなかっただけ。

 

【僕が湘南のIZA江ノ島ゲストハウスで働く理由】

 

iza江ノ島ゲストハウス

iza江ノ島ゲストハウス

 

だからそのきっかけになれるように、
誰かにとっての道標になれるように、
僕がゲストハウスから受け取った贈り物を
今度は働く側としてみんなに贈れたらいい。

 

昔の僕みたいに疲れ果てて前を向けなくなったら
ここへ来て少し休んでみて。
高級ホテルのような設備やサービス、
星付きレストランみたいな食事はないけれど、

 

あなたが探している【なにか】が見つかるかもしれない。
そしてまた前を向けるようになったらゆっくり歩こうよ。

 

経験したことない人にはピンとこないかもしれないけど、
人生が変わるきっかけなんて
1人の人との偶然の出会いだったり、
なんてことのない一瞬の出来事だったりするからさ。

 

ゲストハウスはそんなきっかけの宝庫。

 

誰かに頼まれたわけでもないし、
辛いこともたくさんあるけれど、

 

【自分の経験が誰かの背中を押すことができる】

 

この仕事に全力を注ぐにはじゅうぶんな理由。

 

まだ結論を出すには早すぎるけれど、
これが僕の歩きたかった人生なのかもしれない。

 

ひとまずそういうことにしておこう。

 

 

だって、
涙が出てしまうくらいの感動があって
叫びたいくらいの悔しいことがあって
こっちが幸せになるくらい誰かを笑顔にできて
毎日がこんなにも素晴らしいんだから。

 

2 件のコメント

    • いちろーさん!
      コメントありがとうございます^ ^
      早く帰ってきてください!次の面白いこと企画しましょう♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    よしき(26歳) 24歳から留学、ワーホリ、バックパッカー旅を経て、現在は湘南にあるIZA江ノ島ゲストハウスの支配人をしています。青とダイビングとミスチルが好き。個人の留学エージェントとして大手エージェントより安く、留学やワーキングホリデーの語学学校の紹介もやってるので気軽に相談してください!