【フィリピン留学】半年間の語学学校選びで重視した5つのこと

フィリピン留学

 

「フィリピン留学に行きたい!」
「だけど、語学学校が多すぎて選べない、、」

 

フィリピンに限らず、留学を考える人は語学学校選びで迷ってしまいますよね。

 

語学学校選びをしっかりやらないと、先生のレベルが低くて授業の質が悪く、設備不良やご飯がまずかったりと、あとで後悔する可能性が高いです。費用を節約したいからなんとなく安い学校を選ぶこともおすすめしません。自分に合った語学学校の選び方はちゃんとあります。

 

この記事では、英語力ゼロの状態で半年間フィリピンのMMBSという語学学校に留学していた僕が、日本にいながら自分に合った語学学校を見つける方法を紹介します。

 

【半年間のフィリピン留学〜ビル型とキャンパス型の語学学校〜】

フィリピン留学の語学学校にあるバハイクボ

 

まずは語学学校の建物の種類について。

 

これは大きく分けて【ビル型】【キャンパス型】があります。
セブ島やマニラなどは街の中心地に学校が密集しているのでビル型が多く、僕が留学していたターラックやバギオなどの田舎のほうに行くと広い敷地のキャンパス型が多く見られます

地域の特徴はこちら。

ビル型の学校の特徴

・街の中心街にあることが多いので生活に便利な立地で暮らせる
・教室移動で外に出ることがないので暑さを防げる
・基本的にビルに缶詰なので人によってはストレス(僕です)

 

キャンパス型の特徴

・敷地が広いので基本的には田舎の方にあることが多い
・校舎と寮が同じ敷地内にあることが多いので移動が楽
・敷地内にバスケットコートなどがあったりするので授業の合間に息抜きができる
・学校によっては室内が飽きたら敷地内のバハイクボで勉強できる

フィリピン留学

バハイクボ

 

 

 

 

 

 


僕は最初、セブ島にあるビル型の学校に行くつもりでしたが、ゆったりした雰囲気の中で勉強ができそうなキャンパス型の学校に一目惚れをしてしまったので、
ターラックという田舎の地域にあるMMBSという語学学校で半年間留学することを決めました。

 

来る日も来る日も勉強の日々だったので、少し疲れたときや、ストレス発散をしたいとき、授業の合間や放課後に先生たちと敷地内のグラウンドでサッカーをしたりプールで泳いだり、教室が息苦しく感じたらバハイクボで授業をしたりと、すぐに気分転換ができたことがモチベーション維持に役立ちました。

 

ビル型の学校だと、基本的には建物内での授業になると思うので、「息が詰まってしまいそう」と思う人はキャンパス型をおすすめします。
ただ、ビル型の学校は立地の良い場所にあることが多いので、その点を重視する人にはいいかもしれません。

 

【半年間のフィリピン留学〜先生の質〜】

バハイクボで日本人の生徒がフィリピン人の先生と授業をしている

 

英語を本気で学びたいあなたは先生の質が特に気になっているはずです。
わかります、僕も英語力ゼロだったくせにそこだけは気にしていました。

 

正直に言うと、先生の教え方によって理解度には雲泥の差が出ます。

 

まったく同じ内容の授業でも、経験が浅い先生とベテランの先生とではやはり大きな差があるのが事実です。


僕はbe動詞から教えてもらわなくちゃいけないほど、
英語力が全くのゼロでした。


そんな僕に対して、英語で英語を教える。


きっと、日本語で教えるのも苦労するであろう理解力の僕にも「英語って楽しいな!」って思わせるような授業の進め方で、
いま思うと先生の教え方が本当に上手だったんだなって感じます。

 

語学学校によってはアルバイトとして、授業の教育をなんにもしていない人を先生として雇っているところもあると聞きました。

 

もし英語力ゼロの状態で出会ったのが教え方を知らないアルバイトの先生たちだったとしたら、、。

 

簡単な英語も理解ができないまま、英語が嫌いになっていたかもしれません。
半年間の留学生活がある中で、最初にそんな状態になってしまったらと思うと本当にゾッとします。

 

ですので、事前にホームページや口コミなどをよく調べて、先生や授業の質を高めるためにどんな対策をしているのか、そこに通っていた生徒は実際にどれだけの結果を出したのかをチェックしつつ、先生の教育に力を入れている学校を選ぶことが充実した留学生活を送る上でとても重要と言えます。

 

先生の質を調べるポイント!

・各学校のホームページや口コミをチェックする
・先生に定期的にテストを受けさせて、レベル維持に努めているか
・実際に行っていた人に会って情報を聞く

 

しかし、いい先生に教えてもらえれば必ず英語が伸びるわけではないことをしっかり理解しておきましょう。

 

むしろ僕みたいな英語初心者には自習の時間がかなり大事になってきます。
なので、英語がなかなか身につかないからといって先生や環境のせいにするようなことはやめてください。

 

【半年間のフィリピン留学〜語学学校のご飯〜】

プレートの上にご飯とおかずが盛られている

 

フィリピンの語学学校の多くは【日本資本】【韓国資本】になります。
これは簡単に言うと、語学学校のオーナーが日本人なのか韓国人なのかってとこですね。

 

それがなに?って思うかもしれませんが、これによって学校で提供されるご飯の種類が変わってきます。

 

日本資本であれば、日本人の口に合うようなご飯を提供してくれるところもありますが、韓国資本の学校だと毎日キムチなどの韓国料理が出てくるので、苦手な人には学食がストレスになってしまうかもしれません。

 

僕が行っていた学校は韓国資本だったのでキムチは毎日出ていましたが、日替わりビュッフェ式のご飯だったので、苦手なものは避けることができたし、日本人のマネージャーが日本人の口に合う料理も用意してくれたのでだいぶ助かりました。

 

しかし、全般的に学校の食事には期待しないほうがいいです。
普段日本で食べているご飯のクオリティが、どれほど高いのかを再確認するいい機会だと思って乗り切りましょう!笑

 

持っていくと重宝するよ!

・インスタントの味噌汁
・ふりかけ
・レトルト系の食べ物

荷物に余裕があればぜひ!


あと個人的に、節約も大事だけど、たまには外食しておいしいご飯を食べるのも
留学生活のストレスを軽減する上で重要だなと感じました。

 

ぜひ、先生や友達とローカルなお店に繰り出してみてください!
英語以外にも現地ならではの体験をしましょう!

 

【半年間のフィリピン留学〜個室か相部屋か〜】

フィリピン留学

 

留学中は基本的に相部屋での生活となります。

 

僕は勉強以外でのストレスをあまり溜めたくないと思っていたので、2人部屋を選びました。
3人部屋、4人部屋と人数が増えるにつれて費用は徐々に安くなります。

ひとり部屋は割高なのでよっぽどでなければおすすめはしません。

 

幸い、僕はルームメイトに恵まれたのでわからないところを教え合ったり、先生と一緒に出かけたり、語学学習の面でも助け合うことができて、最終的に一緒の日にワーキングホリデーでカナダに行くくらい仲良くなりました。笑

 

こればっかりは行ってみないとわからないので、運の部分が大きいですが、語学学校のスタッフに相談をすれば部屋の変更に対応してくれるところがほとんどだと思いますので、勉強以外の部分でストレスを溜めないように、なにかあったらうまく周りの人を頼りましょう!

 

ちなみに僕が通っていたMMBSには、先生と2人で同じ部屋に住み、共同生活をするプランなんてものもありました。
費用は多少高くなってしまいますが、文字通り英語漬けの生活が送れるので、興味のある人は確認してみてください。

 

【英語初心者のフィリピン留学〜語学学校のWi-Fi〜】

Wi-Fiのマークが書いてある紙を掲げている

 

Wi-Fiは期待せずに、弱めだと思っておいたほうがいいです。


学校にいる生徒全員が限られた数のWi-Fiに一斉に繋ぐので、重くてなかなか動かなかったり、大雨が降ると停電することもざらなので、
どうしても常にネットが必要な人はルーターを持参するか、現地でSIMカードを購入しましょう。

 

フィリピンのカフェはWi-Fiがけっこう強いので、学校終わりや休日に勉強がてらネットを繋ぎに行く人も多くいました。
ネットがあると常にSNSなどを見てしまう人は、逆にWi-Fiが弱い学校にこもって勉強に集中するのもありです。

 

ただ、フィリピンのカフェなどはエアコンが効きすぎてて寒いことが多いので、なにか羽織るものなどがあったほうがいいです。余裕で風邪引きます。

 

【半年間のフィリピン留学〜語学学校 まとめ〜】

キューバ

 

・ビル型とキャンパス型の語学学校がある
・先生の質によって授業の理解度に雲泥の差がでる
・語学学校の資本によって、ご飯の種類が変わる
・相部屋か個室が選べる
・語学学校内のWi-Fiは基本的に弱め

 

語学学校の選び方で英語力がしっかり身につくかどうかに差が出てくるので、費用の節約も大事ですが、そこは将来への投資だと割り切って自分に合う語学学校をしっかり見つけましょう。

 

フィリピンと言えばセブ島というイメージが強いですが、その他の地域にもレベルの高い語学学校がたくさんあるので、フィリピン留学の5つの地域の特徴と語学学校も合わせて読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。