【手数料完全無料】の個人の留学エージェントが秘密を暴露【フィリピン留学、ワーホリカナダ経験者】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

「留学に行きたいけど費用が、、」
「留学エージェントに払う手数料がもったいない、、」

 

留学は決して安くない自己投資とはいえ、少しでも安く行けたら嬉しいですよね。

 

という想いをずっと抱えていたので、個人の留学エージェントとして手数料完全無料(海外送金手数料も無料)で語学学校の手配を始めました。

 

さらに3ヶ月以上の語学学校を申し込んでくださった方には、さらに割引サービスも。
他のエージェントさんからすでに見積もりをもらっている場合でも、ぜひご相談ください。

 

この記事では、実際に半年間のフィリピン留学、半年間のワーホリに行った経験のある僕が、手数料が無料な理由やサポート内容について紹介します。

 

【フィリピン留学、ワーホリの大手エージェントさんの無料サービス】

英語初心者 ワーホリ

 

まず手数料が無料な理由のひとつとして、オフィスにかかる家賃や、スタッフへの人件費がないので、その分をお客様に還元できるからです。

 

さらに、僕は説明会や、資料の送付なども行っておらず、宣伝はこのブログと口コミだけ。

 

留学の大手エージェントさんには、

 

【説明会無料!】
【資料の無料送付!】

 

など、情報がほしくて不安な人たちにとってはすごくありがたいサービスが整っています。

 

実際に僕も留学する前は、留学エージェントさんを利用させていただき、無料でたくさん相談をさせていただきました。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

大手留学エージェントさんは都内のビルなどにオフィスがある場合が多く、そこで働いている社員さんの数も少なくはありません。
それに定期的に海外の語学学校への視察も行なっているので、渡航費や滞在費なども大きな出費となるはずです。

 

なのになんで上記のような無料サービスができるのでしょうか?

 

【フィリピン留学、ワーホリの大手エージェントさんの無料サービスの正体】

驚く女性

 

【説明会無料!】
【資料の無料送付!】

 

これらの無料サービスに必要となってくる経費、これ実は学校を申し込んだ人が支払っているのです。

 

簡単に言ってしまうと、エージェントさんを通して語学学校を申し込む際、学費や航空券代などの必要経費の他に、「登録料」「サポート費」などが含まれている場合があります。

 

具体的な金額はエージェントさんによって様々なので一概には言えませんが、これが結構でかい。

 

僕が実際に見せてもらったエージェントさんの見積もりには、

「申し込み費 15万円」
「緊急デスク 2万」
「サポート費 1万」

など、よくわからない項目だけで、20万円近く請求されていました。

 

その人はオーストラリアにワーホリに行こうとして、エージェントさんに相談し、流されるままホームステイも勧められ、気づいたときには3ヶ月の合計金額が130万円になっていました。

 

「これはさすがにやりすぎだろ、、」

 

そう思った僕は、その人の現在の英語力や海外に行く目的をしっかりとヒアリングしました。

 

すると

 

・英語力はゼロ
・ホームステイは別にそれほど興味ない
・目標は簡単な日常英会話

 

という、見積書の内容と合わない部分がでてきました。

 

【ワーホリの語学学校の落とし穴】

穴

 

理由はあとで説明しますが、僕だったらその時点で絶対に「フィリピン留学」をおすすめします。

 

留学やワーホリの経験がない人は知らなくて当然なのですが、ワーホリで行ける国の語学学校では、「グループ授業」が主流です。

 

この「グループ授業」、英語がある程度話せる人や、人前で話す練習をしたい人にはいいと思いますが、留学やワーホリが初めてで、英語力ゼロの人にはおすすめしません。

 

・グループなので、単純にひとりの発言時間が短くなる
・語学学校では入学時にクラス分けテストをするのですが、日本人は英語力ゼロで来る人が多いので、下のクラスに固まってしまう
・下のクラスの授業内容は、ゲームや歌といった子供の授業ばかりの学校もある

 

それに比べて「フィリピン留学」では、

 

・毎日先生とマンツーマンで授業ができる
・英語初心者との授業に慣れているので、わかりやすく上達が早い
・留学に費用が欧米の半額以下

 

どちらが英語初心者に適しているかは、一目瞭然ですよね。

 

留学エージェントで仕事をしている人がこの事実を知らないはずはないのですが、、、。

 

生徒さんを想ったベストな選択<お金

 

になってしまっているのかなあ。

 

そんなことを知らずに今日も留学、ワーホリ生活に胸を躍らせている人がわけのわからない費用を払わされていると思うと悲しくなりました。

 

【手数料完全無料の個人エージェントを開業】

男性がホワイトボードを持って笑っている

 

でも、きっと会社としてやる以上は仕方ないんですよね。

 

・広くてきれいなオフィスの家賃
・たくさんいる社員への給料
・現地調査にかかる費用
・広告費

 

個人でやるのとは比べ物にならないくらいの費用が必要となってしまうので。

 

でもそれなら、個人でやれば必要経費をギリギリまで削って、利益のために必要な「よくわからない費用」をすべてなくせるのではないか?

 

そう思った僕は、

 

・オフィスは借りず、場所を持たない
・スタッフは雇わない
・現地の情報は学校に問い合わせる
・広告費はかけず、このブログと口コミのみ

 

というやりかたで、個人の留学エージェントを開業することに決めたのです。

 

【個人エージェントが大手さんに勝てない部分】

男性が頭を抱えている

 

ただ、このやりかたの難点は、「集客が難しい」というとこです。

 

「留学 〇〇」「ワーホリ 〇〇」と検索したことがある人はピンとくると思いますが、検索結果の上位はほぼ企業のサイトです。

 

その理由は、個人では用意できないようなお金を広告費としてつぎ込んだり、ライターをたくさん雇って記事を量産して検索の上位に表示されやすくしているのが理由のひとつです。

 

なので、この部分では僕は企業には絶対に勝てません。

 

次の難点は、「圧倒的に信用が足りない」という部分です。

 

仮にたまたま僕のブログに辿り着いてくれたとしても、会ったこともない個人に留学の手配を頼むなんて勇気が入りますよね。

 

それに比べ、企業はいたるところで広告を出し、オフィスを構えているので、それだけで信用度が天と地の差ほどあるのです。

 

しかしこれは見方によっては強みになるなと感じています。

 

【個人留学エージェント「旅のアトリエ」の強み】

男性がモレーンレイクの横でジャンプしている

 

僕のもとには、この「旅のアトリエ」のブログ記事を読んでくれてメールを送ってくれる人が月に何人かいます。

 

本当に嬉しいです、ありがとうございます。

 

大手エージェントさんと比べ、人数は圧倒的に少ないですが、その分ひとり一人に対して丁寧に相談に乗ることができるのです。

 

もちろん真剣にエージェントの仕事をしていますが、僕はこの事業が本業ではありません。

 

なので、極端な話エージェント事業の収入がゼロでも、死ぬことはありません。

 

だからこそ、利益など考えず、相談してくれた人のことをなによりも最優先に、ごまかすことなくアドバイスができます。

 

上記で紹介したケースみたいに、相手のことを考えず、適していない選択をさせることもありえません。

 

【大手さんにはできないお客様ファーストの提案ができる】

 

130万円の見積もりを出された方はその後どうなったかというと、僕に任せてくれると言ってくださったので、さらにヒアリングをして希望を聞き出した結果、「オーシャンビューの寮で生活できるセブ島の語学学校」を紹介させていただき、とても喜んでもらえました。

 

学校の敷地内に、プールやジムも付いている新しい語学学校に同じ3ヶ月という期間で、学費、寮費、食費込で約45万円。
別途で航空券代や海外保険なども必要になりますが、それを加えても、当初の130万円の見積もりの半額以下。

 

しかも授業はマンツーマン授業なので、グループ授業よりも確実に成果が出ます。

 

実際に英語力がゼロでフィリピン留学に行った僕の経験から、3ヶ月間フィリピンで真剣に勉強すれば、海外旅行には困らないくらいの簡単な日常英会話力が身につきます。

 

僕はその方に、「フィリピン留学では真剣に勉強して、そのあとワーホリに行ってください」と言いました。

 

そうすれば、ワーホリ開始の時点で英語力がある程度あるので、語学学校に通う必要がなく、すぐに仕事を探せます。

 

そして英会話の基礎がある程度できていれば、仕事や日常で英会話を繰り返せば英語力が伸びていくのです。

 

これも実際に僕がフィリピン留学後にワーホリでカナダに行き感じたことです。

 

この勧め方は、長く語学学校に通わせて利益を出したい大手さんにはなかなかできない、僕の強みになると思っております。

 

【個人留学エージェント「旅のアトリエ」の特徴1、代行はしません】

 

さらに僕のエージェントでは、航空券の購入や、海外保険の代行は一切やっていません。

 

大手さんはそういった部分も手数料を上乗せして請け負っているところが多く、僕も迷いましたが、やめました。

 

その理由として、航空券の購入や海外保険の申込みは、自分で調べればできるからです。
留学やワーホリに興味がない人でも、個人で海外旅行に行く人ならみんなやっています。

 

なので、僕は代行はしません。

 

厳しいかもしれませんが、これから海外で生活しようとする人はそれくらい自分でできないとダメです。

 

海外での生活は日本とは違います。
色々なトラブルも日常茶飯事です。

 

日本では当たり前に誰かがやってくれていたことが、海外では誰も助けてくれないなんてこともあります。

 

「自分で切り抜ける力」が必要なのです。
それを留学やワーホリに行く前から少しずつ身につけてほしいという僕の想いをわかっていただけたら幸いです。

 

もちろん、やりかたがわからない人にはおすすめのサイトや、僕が実際に利用した会社などのアドバイスは喜んでしますので、その先はご自身で頑張ってみてください。

 

【個人留学エージェント「旅のアトリエ」の特徴2、サポート費用の節約】

8人の男女が肩を組んでいる

 

「現地に行ってからのサポートが不安、、、」と心配する方もいますよね。

 

大手さんでは、現地でなにかあった場合のサポート費として、数万円を請求するとこもありますが、これも僕のエージェントではやりません。

 

というのも、語学学校には、日本人のスタッフが在中している場合がほとんどで、僕も日本人スタッフがいる語学学校をおすすめしています。

 

現地で困ったことがあれば、そのスタッフが日本語で助けてくれるうえ、怪我や病気の場合は、海外保険が適応されます。

 

なので、大手さんの言う「現地サポート」ってなんだろう、いまだによくわかりません。

 

「現地のサポートがないなんて無責任だ」と思う方は、大手さんを通して行きましょう。

 

ただ、「勉強のモチベーションがあがらない、、」などの悩みは、現地からメールをもらえれば自分の経験からアドバイスができるので、対応します。

 

【個人留学エージェント「旅のアトリエ」のこだわり3、ブログ記事】

パソコンとスマホを同時に操作している

 

「資料請求をしたい、、」という方も、申し訳ありませんが、経費を削減して運営をしているので、資料はございません。

 

その代わりに、このブログの記事に留学、ワーホリについての情報があるので、それを参考にしていただけると幸いです。

 

「〇〇を知りたいから記事書いて!」という要望がございましたら、可能な限り対応していきたいと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【個人留学エージェント「旅のアトリエ」のこだわり4、出張サービス】

キャリーケースを引く男性

 

「旅のアトリエで語学学校を頼みたいけど、実際に会ってみないと不安、、」という方は、出張も承ります。

 

僕は神奈川県の藤沢に住んでいるので、お近くの方は江ノ島周辺に来てくだされば、海を見ながら相談に乗ることもできます。

 

遠方の方は交通費を負担していただくことになりますが、会いに行けます。

 

場所も特にこだわりがないので、カフェでもいいし、居酒屋で飲みながらでもいいです。

 

むしろそれくらいフランクに話せたほうが、聞きにくい質問も聞けるだろうし、僕は好きです。

 

【個人留学エージェント「旅のアトリエ」をよろしくお願いします】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

個人留学エージェント、「旅のアトリエ」はこんな感じで運営をしています。

 

「海外に行きたい人の背中を押す」

 

これが僕の掲げているスローガンなので、そんな人をどんどん応援できたらと思います。

 

海外に一歩踏み出すというのは非常に勇気がいることです。

 

しかし、その先にある景色はあなたの人生を必ず変えてくれるでしょう。

 

「もうすでにほかで見積もりもらっちゃった」というあなたも、手数料完全無料(送金手数料も無料)の個人エージェント「旅のアトリエ」に一度ご相談ください。

 

海外に行きたいという素敵な夢を、一緒に叶えましょう。

 

旅のアトリエ
北村 義樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき(27歳) 24歳からフィリピン留学➡カナダワーホリ➡世界一周➡ゲストハウス支配人➡現在はフリー。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。個人の留学エージェントとして、手数料完全無料で留学やワーホリの語学学校の紹介もやっています。気軽にお問い合わせください。