【ゲストハウスの主な仕事内容を紹介します】

2人の男性が両手を広げてラウンジを紹介している

「ゲストハウスで働いてみたいな〜」
「でも、仕事内容ってどんな感じなんだろう?」

 

ゲストハウスが好きな人はそんなことを思うかもしれません。

 

ゲストハウスの仕事内容は、掃除、ベッドメイキング、メールや電話の対応、チェックイン、ゲストとの交流、お見送りが中心となります。ほかにもカフェバーが併設していたらその手伝いもしたり、泊まる側だと気づかないような細かい仕事がたくさんあるのです。

 

この記事では、僕が働くIZA江ノ島ゲストハウスでの仕事内容を紹介します。

 

【ゲストハウスの住み込みスタッフの仕事内容】

カレンダー

 

IZA江ノ島ゲストハウスでは、

朝番(8時から14時)
昼番(10時から17時)
夜番(17時から23時)

のシフト制、休みは基本的に週1日となっています。

 

フリアコと呼ばれる住み込みのスタッフが上記のシフトで動き、支配人の僕はチェックインが始まる15時から消灯の23時までが基本のシフトです。

 

フリアコの主な仕事内容

・朝食の準備から片付け
・チェックアウトのゲストさんをお見送り
・館内掃除とベッドメイキング
・終わったら休憩

 

支配人の主な仕事内容

・売上の計算
・メールや電話の対応
・チェックインの手続き
・予約サイトの管理
・ゲストとの交流
・消灯

 

朝番、昼番、夜番と分かれていますが、イメージとしては掃除やベッドメイキングをフリアコさんや清掃バイトに任せ、支配人が予約サイトの管理などの細かい業務を担当しています。

 

以下、僕が働くIZA江ノ島ゲストハウスの1日の流れです。

 

【ゲストハウスの朝の仕事内容】

ゲストハウス

 

8時〜

ゲストハウスのフロントがオープン。
と同時に、ラウンジ併設のカフェにて有料の朝食提供も始まるので、ゲストさんへ朝食を提供します。

 

9時〜

空いた時間にメールのチェックをして、予約の情報をパソコンに打ち込んでいきます。
この処理をしっかりやらないとオーバーブッキングなどの深刻な事態を招きかねないので、僕もスタッフもかなり慎重に対応します。

 

8時〜10時

チェックアウトのゲストさんをお見送り。
仲良く写真を撮ったり、「また会おうね!」って握手を交わしたり、最高な1日を送ってもらうために笑顔で「いってらっしゃい!」と送り出します。

 

【チェックアウト後のベッドメイキング】

相部屋 ゲストハウス

 

10時〜

ゲストさんが全員チェックアウトをしたらまずはベッドメイキングを始めます。

 

シーツをピンッと張るのに少しコツがいりますが、慣れるとホテルにも負けないくらいきれいに張れるようになります。
僕はワーキングホリデービザでカナダにいたときにホテルで働いていてベッドメイキングの経験があったので、ゲストハウスで働き始めた当初は「とんでもないベッドメイカーがきた」と神奈川がざわつきました。

 

慣れてしまえばなんてことのない作業ですが、満室の次の日はすべてのシーツを変えなければいけないので地獄です。

それが続くとベッドに追いかけられる夢を見ます。怖いです。


要注意!

ベッドメイキングをするときは、ハウスダストやダニの死骸が大量に舞います。
なので、アレルギーを持っている人は喘息になってしまう可能性があるので注意です。
僕はハウスダストのアレルギーを持っていたのですが、人手不足の期間に無理して毎日ベッドメイキングをしていたら咳喘息になってしまいました。
アレルギーがある人は無理をせず、必ずマスクをつけましょう。

 

【チェックアウト後の水まわり清掃】

ゲストハウス

 

IZA江ノ島ゲストハウスは、シャワールームが3つ、トイレが4つ、洗面台が5つあるので、すべてをきれいに掃除します。

 

洗面台

・鏡用の洗剤で鏡を拭き上げる
・スポンジで洗面台をきれいに磨く
・ティッシュ、綿棒、紙コップの補充

 

シャワー

・壁と床に残っている髪の毛やゴミを流す
・排水口に溜まった髪の毛などを取り除く
・シャワー室の床の溝をブラシで磨く
・排水口の筒のヌメリを取る
・たまにカビキラーを使用する

 

トイレ

・トイレ用の洗剤で便器を拭き上げる
・便器の中をブラシで磨く
・トイレットペーパーの補充
・ゴミ捨て、消臭スプレーの補充
・トイレットペーパーを三角折りする

 

その日チェックインのゲストさんや連泊しているゲストさんはもちろん、スタッフも気持ちよく利用できるようぴかぴかに。

 

あとは洗濯や足りない備品の補充などを行いつつ、各部屋と共用スペースのゴミ箱からゴミを集め分別をし、館内の掃除機がけと水拭きをして終了となります。

 

なかなか大変ですが、これに慣れると家の掃除が鼻くそに感じられますよ。

 

【チェックイン】

ゲストハウス

 

15時〜

掃除が終わったら15時のチェックイン開始までにご飯を食べて休憩をとります。
そして15時になったら笑顔でゲストさんを迎え入れます。

 

個人的に、ゲストハウスの仕事内容の中でチェックインが1番大事だと思っています。

ゲストにとって、チェックインの対応がゲストハウスの第一印象になってしまうので、ここで笑顔も雑談もなく適当に案内をしてしまうと、「なんか雰囲気悪いな」って思われてラウンジに降りてきてくれなくなる可能性が高くなります。

 

逆に、笑顔で軽い雑談などをはさみながらお部屋まで案内をして、「あとで乾杯しましょうね〜」なんて言えれば交流がうまれ、結果的にゲストさんに「楽しかった」と思ってもらえるので、おもてなしの心を忘れないようにしましょう。

 

【みんなに知ってほしいチェックインの重要性】

手のひらの上に黄色い花を乗せている

 

僕がバックパッカーをして海外を旅しているとき、各国のゲストハウスに泊まったのですが、フロントの対応が悪いとその国までが悪いような印象を受けてしまいました。

 

逆に印象がよくなかった国のゲストハウスでとてもいい対応をされると、「なんだ、素敵な国じゃん」って思ったりもします。

 

それくらい第一印象の重要さを痛感しました。

 

なのでどんなときでも日本人の一人ひとりが日本代表であるという自覚を持ち、家族を迎え入れるような暖かいチェックインで迎え入れましょう。


ポイント!

あなたの印象が日本の印象になってしまうということを常に忘れずに、「日本って最高だな!また来たい!」って思ってもらえるようなおもてなしを意識しましょう!

 

【ゲストハウスの醍醐味、ゲストとの交流】

ゲストハウス


〜23時

 

チェックインが終わるまでは基本的にフロントで待機しながら、メールのチェックや口コミの返信など、主に事務作業をこなしつつ、ラウンジにゲストさんが降りてきたら「今日はどこ行ってきたんですか〜?」などと気さくに声をかけます。

 

僕はゲストハウスの仕事内容の中で、ゲストさんと交流できるこの時間がダントツに好きです。
というか、この瞬間のためにゲストハウスで働いていると言っても過言ではありません。

 

つい数時間前までお互いの存在すら知らなかったのに、言葉を交わして仲良くなる。
そしてその出逢いがきっかけで人生に大きな影響を与えて、なにげない1日がその人にとっても僕にとってもかけがえのない1日になっていく。

そんな、誰かの人生に寄り添えるようなゲストハウスにしたくて。

 

「チェックアウトしたらさようなら」なんて嫌なんです。
いつかまた「ただいま!」って帰ってきてほしいし、僕も仲良くなった人たちを訪ねながら旅をしたい。

 

そうやって一瞬の出逢いが、ずっとずっと続いてほしい。
そんな想いを心に秘めながら。

 

【ゲストハウスの1日の仕事内容 まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

そして23時がきたら館内消灯となり、1日の仕事が終了です。

 

掃除やサイトのチェックなどの大変な作業も多いですが、ゲストハウスの仕事というのは「出逢い」です。
あなたが創る空間に導かれるようにゲストさんがやってきて、そこで出逢った人たちの縁が繋がって、また帰ってきたいと思ってもらえる「特別な居場所」になっていく。

 

あなたはそんな素敵な仕事に興味をもってこの記事を最後まで読んでくれたはずです。
その気持ちを大事に、やりたいと思ったら飛び込んでみましょう!

ゲストハウス経営の7つの裏事情もまとめているので、ゲストハウスの仕事内容がわかったらこちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。