【英語初心者】映画を使った勉強法をおすすめしない3つの理由

 

「英語の勉強には海外映画を観るのがおすすめって聞いた」
「だけど勉強法がよくわからない、、」

 

というあなた。
もしもあなたが英語初心者だとしたらちょっと待ってください。

 

海外映画を使った英語の勉強法は人気がありますが、中学レベル以上の文法や単語の知識がしっかりと頭に入っていることが前提となります。さらに、1回観ただけでは勉強の効果は薄く、かといって何回も繰り返し観るには拘束時間が2時間ほどと長いので、日々の勉強にはあまり向いていません。

 

この記事では、海外映画が英語の勉強にあまり向いていない理由を、英語力ゼロでフィリピン留学に言った後、ワーホリを利用してカナダで仕事をしていた僕が説明します。

海外ドラマを使った超効果的な勉強法はこちら。

 

【映画は拘束される時間が長い】

 

まず、単純に画面の前にいなきゃいけない時間が長すぎます。
約2時間集中して、観終わる頃にはへとへとで、理解できる内容もたかが知れています。

 

そもそも映像系を使った英語の勉強法は、同じ話を何度も何度も、それこそ全セリフを覚えてしまうくらい脳に刷り込むものなので、2時間の映画をそれだけ観るのは現実的ではないです。

 

何十回観ても飽きないくらいの映画を見つけて、モチベーションが保てるのであれば止めませんが、僕には無理でした。笑

 

中級者から上級者レベルで、ある程度のリスニング、リーディング力が備わっている人なら効果は期待できるかと思いますが、英語初心者にはまだ早いと思います。

 

それでも気になる人は、huluの2週間無料お試しを利用してお得に体験してみてください。

 

僕のおすすめはディズニー系か日常の中にあるような物語の映画です。
あくまでも日常会話が豊富なものか、出てくる単語やフレーズが簡単なものにしましょう。

 

【試してみる人は内容が簡単なものを選びましょう!】

アルファベットが並んでいる

 

試してみる人に注意してもらいたいのが「なるべく簡単な題材を選ぶ」ことです。

 

「映画マニアで、年に100本の映画を観る僕はダ・ヴィンチ・コードで勉強するんだ!」と意気込んでいる人は、開始5分でモナリザのような表情になり挫折する可能性がかなり高いです。

 

というのも、ミステリーやファンタジー映画などは、日常生活ではほとんど使わない専門的な用語がたくさん出てきます。
いくらそれらをマスターしたところで、日常会話で使う機会は多くありません。

 

もちろん無駄な作業にはなりませんが、日常英会話を話したいあなたにとっては回り道になってしまいます。
なので、映画で英語を勉強するのは、ある程度上達したあとのデザートとして残しておくことをおすすめします。

 

【単語とフレーズの情報量が半端ない】

本で埋もれた部屋

 

映画をただ眺めるだけでスピーキング力が上達するほど英語は甘くはありません。
出てくる単語とフレーズをある程度把握して、耳に、脳に定着するまで何回も何回も繰り返し観ます。

 

知らない単語が出てくるたび一時停止をして、電子辞書で調べてノートに書き写す。
そして再生ボタンを押し、また知らない言い回しなどが出てきたら一時停止、、、。

 

これが約2時間続くのです。そして何回も繰り返し観なければいけません。

 

きっと1本の映画に出てくる単語や言い回しをすべて把握する頃には、車が空を飛び、人類は火星に移住して、あなたは泡を吹いて倒れていることでしょう。

 

あまりにも効率が悪いですよね。
英語初心者がこれをやるとかなりの確率で心が折れます。

 

僕は「アナと雪の女王」というけっこうイージーな映画でも余裕で挫折しました。
そしてそのあと大好きな映画「ワイルドスピード」でも挑戦したのですが、大嫌いになりそうだったのでやめました。

 

僕の経験としては2時間の映画を1本見観るより、30分の海外ドラマを4回繰り返し観る勉強法のほうが、確実に日常会話に活きてきます。

 

【1本が長いから飽きやすい】

猫があくびをしている

 

「飽きずに続けられる」

 

これは英語学習には本当に大事です。
映画に飽きるならまだしも、英語に飽きてしまったら元も子もありません。

 

しつこく言うようですが、英語はとにかく繰り返しです。
でもそのかわり、地道に毎日続けた人は必ず報われます。

 

なので、いかに飽きを感じず、モチベーションを保つか。
これを考えると1本の映画をひたすら繰り返すのはどうかと、、、。
飽きる可能性けっこう高くないですか?

 

「いやいや、やるって決めたらやりきらなきゃ!」っていう責任感の強い人もいますよね。僕です。

 

だけど、「自分に合わない」と思ったら勇気を持ってやめることも大事です。

 

自己嫌悪に陥る必要は一切ありません。
むしろ自分に合わない勉強法がわかったので、これでまた日常会話の英語力に1歩近づいたと自分を褒めてあげましょう!

 

【英語勉強に映画をおすすめしない理由まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

・拘束時間が長すぎる
・文法と単語の知識がしっかりないと効果が薄い
・挑戦するなら簡単な題材を選ぶ

 

ネイティブのようなスピーキング力をしっかり身につけたい人は海外ドラマを使った英語の勉強法を併せて読んでみてください。

 

とはいっても、映画を観て英語に慣れることはとてもいいことなので、映画好きな人は英語の勉強の息抜き感覚で観てみましょう。
2週間無料で映画を観てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。