【英語力ゼロ】だった僕が教える英会話をするための3つのステップ【勉強法】

英語初心者

 

 

想像してみてください。
英語を話せるようになるとできるようになることを。

 

世界中に会いたいと思える友達が作れる。
今よりもっと気軽にひとりで海外に行けるようになる。
日本に来ていて、困っている海外の人を助けられる。
モテる。ただひたすらに。

 

どうですか?ワクワクしませんでしたか?
なにもネイティブスピーカーのようにペラペラ話せなきゃダメなんてことはありません。

 

もちろん僕もそのレベルにはまだまだほど遠いです。
むしろネイティブスピーカーの発音は早すぎて1文字も聞き取れないくらいです。

 

でも、大丈夫です。
ゆっくり話してもらえば聞き取れるし、少しくらい発音が悪くたって理解してくれます。

 

そのためにあなたがやるべきことはたったの3つ。
しかも聞いたことのないようなことじゃなくて、すでに知っているはずのこと。

 

最初に言っておきますが「ある日急に英語が話せるようになる」はありえません。
でも、たった3つのことを継続することで、僕は英語力ゼロから日常会話レベルまでスキルを上げることができました。

 

その方法を僕の実体験に基づいて書いていきます。

英会話に文法が絶対必要な理由

覚えたら忘れない英単語帳ユメタンまとめ

日本にいながらオンラインでネイティブと英会話cambly(キャンブリー)

 

【グラマー(文法)を避ける英語初心者は成長しない】

 

まずはグラマー(文法)です。

 

いきなり普通かよって思われるかもしれませんが、この記事には「聞くだけで英語がペラペラ」や「数日で英語が話せる裏技」などは一切でてきません。

 

その代わり、毎日コツコツ実践すれば絶対に話せるようになる方法を書いています。
語学学習には楽な道なんてないんです。

 

楽ではありませんが、日本語も英語も要は【言葉】です。
英語が言葉というジャンルに存在する限りは努力すれば誰でも話せるようになるんです。

 

そして、よく聞くのが「文法なんて知らなくても伝わるから意味ない」って言葉。

 

はい、その通り。文法なんて知らなくても伝わります。
なので、英語で「なんとなく伝えたい」人は文法の項目は飛ばしてください。

 

でも、英語で「会話」をしたい人は少し読み進めてください。

 

【グラマー(文法)を勉強しなくても、伝えられるが会話はできない】

 

日常の中では文法が必要な場面とそうでない場面があります。
特に、旅行の場合は文法がなくても単語とボディランゲージで伝わりやすいです。

 

じゃあ【伝える】と【会話】の違いって?

 

「Today is hot」が正しい文法を使った文ですが、
話すときは「Today hot」や「Hot today」など「is」が抜けたり、配置が逆になっても伝わります。
僕はよく「Hot today」とか言いますが絶対に伝わります。というかネイティブでも普通に使います。

 

言い回しはたくさんありますが「I want to have a lunch」などが文法に沿った言い方です。
しかし「Eat lunch」とか「Go lunch」とか「Lunch!」だけでもきっと相手には伝わります。

 

これが【伝える】ということだと思います。

 

【何回でも言うぞ!ちゃんと英会話がしたいならグラマー(文法)!】

留学

 

次に、例えばそうですね、、、

空腹な人
「お昼ごはんが食べたい。昨日のお昼はお魚だったから今日は違うのがいいな〜、例えばお肉とか、、ピザもいいけどな〜、、ああ、やっぱり決められない!あなたなにが食べたい?」

 

こんな場面、普通に日本語でも日常的に出てきますよね。

 

これを単語も文法もできていない僕が言おうとすると、「Lunch. No fish. Meat or pizza ok!! Uh~~difficult. 」みたいな感じになると思います。

 

ただ、これでも伝わります。
なぜ伝わるかというと相手が聞き役にまわって、汲み取って理解しようとしてくれるからです。

 

大げさかもしれませんが、感覚で言うと「言葉を覚えたての赤ちゃん」の話すことを聞くような感じ。

 

だから、相手から返ってくる言葉も赤ちゃん用の簡単な言葉になっていると思います。
こちらのレベルに合わせてくれているのです。

 

これがもし、しっかり文法を用いて表現をしていたら、相手もいちいち汲み取って頭のなかで整理をする必要がなくなるので、聞き役に徹することなく、こちらのレベルに合わせてテンポよく返事を返してきてくれます。

 

すると、一方通行ではなくなり相手も自分から色々なことを話してくれるようになります。
そうして自然なキャッチボールがうまれます。

 

これが楽しい【会話】のきっかけになります。

 

そして、そのテンポの良い会話の中で、わからない単語が出てきたり、言い回しに迷って考えてしまったりすると、それが悔しいという感情に繋がって、もっと勉強しようっていうモチベーションにもなるはずです。

 

ここで言いたいのは、なにも【一切ミスがない完璧な文法】を覚えろといっているわけじゃありません。
ただ、過去、未来、現在形などの型にしっかりはめたほうがよりリアルな会話に近づきます。

 

LINEで例えると、こちらからの問いかけにスタンプで返ってくるか、ちゃんと文章で返してくれるか。
そんな感じだと思います。

 

ちょっと極端な例かもしれませんがどちらが楽しいかは明白ですよね。

英会話にはグラマー(文法)が絶対必要な理由

 

【難しい単語はいらない。覚える単語数も最低限で大丈夫】

 

次に絶対欠かせないのが単語です。
単語力がないと文法が完璧でもなにも伝わりません。

 

これに関しても、「グーグル翻訳でいいじゃん」って言う人がいますが、そういう人たちはそもそも英語を勉強するつもりがないので気にする必要はありません。
ただ、普通の旅行とかであれば大いにありです。

 

でもこの記事を読んでいる人は英語を「話したい」はずです。
なので、まずは単語帳を手に取ってみましょう。
難しい単語帳や、やたらと単語数の多い単語帳は最初は不要です。

 

というのも、日常会話レベルで使われる単語ってけっこう簡単な単語に限られてたりするんですよ。
一般的には2000語と言われていますが、中にはネイティブの日常会話は850語で成り立っているという話もあります。

 

2000語と聞くと果てしなく感じてしまいそうですが、僕達が高校卒業までに習う単語数は約3000と言われているのでしっかり勉強をしてきた人なら実はすでにパスしているのです。

 

そう聞くとなんだかいける気がしますよね。
とにかく単語帳をやりながら自分の中の記憶を呼び覚ましていくのみです!

 

【単語を思い出したいけど、英語を勉強をしてこなかった人は?】

ペルー

 

僕みたいに勉強が大嫌いで学生時代に勉強の経験がない人でも安心。
スタートの位置は違うけど、やることは一緒です。

 

「それは毎日コツコツと継続して勉強する」

 

色々試しましたがやはり単語学習は王道が一番かと。

 

フィリピン留学時代のルームメイトは運動しながらだと覚えやすいというのを聞いて、ぐるぐる歩きまわりながら単語を口ずさんでいました。
泥臭いけど、こういう他の人が笑いそうな努力をまじめにやりきれるやつが最終的には勝ちます。

 

あと、単語帳に関しては何冊もコロコロ変えるのではなく、自分にあった一冊を見つけ、それをひたすら愛用することをおすすめします

僕が半年間のフィリピン留学で愛用したユメタンシリーズまとめ

 

【文法と単語の土台ができたら楽しみながらひたすら話す】

カナダ ワーキングホリデー

 

ここまで文法が大事、単語が欠かせないと言ってきましたが、最終的に【ひたすら英語で話す】、これ以上のいい勉強法はありません。

しかし、これは文法と単語の知識があって初めて進めるステージです。

 

例えば、鉄棒というものを知っていて、逆上がりという技も知っている。
でも実際にやってみると全然できない。
知識として知っているのと、それを行動にうつしてみるのでは雲泥の差があります。

 

しかし持っている知識を駆使して、試行錯誤しながら練習をしていけば、次第にコツを掴んで、できるようになっていきます。

 

それと一緒です。

 

よく「話せるようになりたいからとにかく話す!」という人がいますが、僕は半分正解で半分惜しいと思っています。

 

確かに話せば話すほど英語には慣れるので、話すことへの抵抗が薄れていきます。
が、インプットの量が足りていないとすぐに失速します。

 

そして、「ああ、伝えたい事があるのに文法も単語もわからん、、」という負のスパイラルに陥り、英語がだんだん嫌いになっていってしまうのです。

 

【文法と単語の土台を無視したよしきの末路】

トンネルを歩く男性

 

文法と単語はいわば土台。

 

このふたつがしっかりしてからアウトプットを始めると、伸び方が半端ないです。
「留学する前はせめて文法と単語くらいはやりましょう」とよく聞くけど、これは大正解で、留学を始めてからのスタートダッシュが全然違います。

 

できるやつ
留学に向けて最低限の文法と単語力をマスターしたので、土台がしっかりしている分、話せば話すほど会話力が伸びていく。
よしき
「いや〜勉強めんどくさいでごわすww」と一切文法と単語の勉強をしなかったので、貴重な留学の最初の一ヶ月を文法の勉強に費やしてしまう。わざわざフィリピンまできてbe動詞を学ぶなんて相当もったいないと気づく。
留学を考えてる人はこんな感じで到着した瞬間から差が生じてしまいます。
これを読んだあなたは第二のよしきにならないように気をつけましょう。

【留学はかなりおすすめ。だけど日本にいても英語は話せる】

カナダ バンフ

 

英語を伸ばす手っ取り早い方法は留学やワーホリです。
英語を使わざるを得ない環境に身をおくことはやはり最強です。

 

留学、ワーホリの相談はこちらから⬇
個人の留学エージェントとして、大手よりも安く語学学校を紹介できます。

 

「仕事があるから休みが取れない」
「お金がなかなか貯まらない」 

あなたにも様々な事情があると思います。
でも大丈夫、日本にいながらでもスピーキングの練習はできます。
しかも自宅にいながら好きな時間に。
少し前までは英会話教室に通うのが一般的でしたが、最初は楽しくても行くのがだんだんとめんどくさくなったり、グループ授業は恥ずかしいから話すのが億劫になる、、

 

そんな理由でなかなか続かないという話を聞きます。

でももしこれが、

家にいながらスマホ1台で授業が受けれる!
しかも授業はネイティブの先生とマンツーマン!
になるとしたら?
試しにやってみてもいいかなって思いませんか?

 

自分が英語を話せるようになっている姿を想像してください。
世界が広がっていく感覚を感じてください。
そして人生が変わる瞬間を目の当たりにしてください。

 

【初心者が英語を話すために必要なたった3つのこと】

IZA江ノ島ゲストハウス

 

巷では数え切れないほど様々な「英語の学習法」が溢れかえっていますが、

 

【文法】、【単語】、【スピーキング】

 

この3点をしっかりと意識し、毎日こつこつ努力を重ねれば絶対に英語を話せるようになります。
絶対にです。努力だけはあなたを裏切ることはありません。

 

日常会話レベルの英語が話せるようになるだけで本当に世界が広がります。
自分の可能性は思っているよりもすごいことにも気づきます。
新しい人生が始まるんです。

 

一歩踏み出して閉ざされたドアを開けてみよう。

英会話に文法が絶対必要な理由

覚えたら忘れない英単語帳ユメタンまとめ

日本にいながらオンラインでネイティブと英会話cambly(キャンブリー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。