【ゲストハウス支配人の給料や年収を公開】

本を読んで驚いている子供

 

「いまの仕事を辞めてゲストハウスで働きたい!」
「だけどリアルな給料ってどれくらいなんだろう?」

 

仕事を辞めてゲストハウスで働きたい人にとって、給料面は1番気になるポイントですよね。

 

実際、求人サイトを見ても給料に関してはあいまいな表記がされていて、わかりづらいことが多いです。

 

僕がゲストハウスで働いていたときは、

・住み込みのスタッフのときは無給
・契約社員のときは月10万
・ゲストハウス支配人の頃の給料は手取り12万円〜17万円

でした。

 

この記事では、支配人なのに給料が12万とかなり安かった3つの理由や、求人サイトには載っていないリアルな給料や年収について触れていきます。

 

少しでもゲストハウスの給料事情を知りたい人の参考になれば嬉しいです。

 

【ゲストハウスの支配人になりたてのころの給料】

基本給145,200円
社会保険料
所得税
−22,429円
手取り122,771円
残業代
ボーナス
なにそれ

 

2017年の7月に住み込みのスタッフとしてゲストハウスに入社して、3ヶ月後の10月に支配人になったのですが、当時の給料は手取りで約12万円でした。

 

年収だと約170万ほど。

 

ちなみに僕の肩書は支配人でしたが、自分でゲストハウスを所有しているわけではなくオーナーは別にいました。

 

なのでポジションとしては、普通の会社のマネージャーと言ったほうがピンとくるかもしれません。

 

マネージャーなのに手取りで12万という給料にゾッとした人もいるでしょう。

 

大丈夫。ゾッとするにはまだ早い。早すぎる。

 

【ゲストハウスの勤務形態】

基本勤務時間8時〜17時
週休1日
GW、お盆、正月休みなにそれ

 

フロントの営業時間は8時から23時まで。

 

基本的には支配人の僕と、フリアコと呼ばれる住み込みのスタッフでシフトを組んで業務をこなしていくのですが、フリアコの数が足りないとと終わりの始まりです。

 

8時から23時まで、

・掃除
・チェックイン
・メールの対応
・バー営業
・片付け

をすべてひとりでやらなければいけません。

 

フリアコ不足のときは、実際に8〜23時勤務を1ヶ月休みなしでやりましたが、肉体的にも精神的にもかなりきつかったです。

 

それだけ働いても給料は手取りで12万。

 

はい、ここです。ゾッとするならここ。

 

【支配人なのに給料が12万だった3つの理由】

男性が涙を流している

 

しかし、ここまで給料が低いのには3つの理由がありました。

 

1つ目の理由
住み込みのスタッフと一緒にゲストハウスの屋根裏部屋に住んでいたので、家賃がタダだった。

個室ではなくベッドのスペースしかなかったのですが、家賃0で湘南の有名観光地である江ノ島周辺で生活できるのは、大きな魅力です。

 

2つ目の理由
食材を買うためのお小遣いが支給された。

贅沢はできませんが、スーパーで安い野菜や肉などを買ってきて自分たちで調理していたので、外食などをしなければ食費は0円に抑えることができました。

 

3つ目の理由
水道、電気、ガス、Wi-Fiが無料だったので、光熱費がかからなかった

 

これらの条件が含まれていたので、給料が手取り12万でも生きていくことができたのです。

 

そんな生活が約8ヶ月続いたある日、給料形態にある変化が起きました。

 

【給料形態が変わったあとの手取り】

基本給159,720円
支配人手当30,000円
家賃手当20,000円
社会保険料
所得税
−32,909円
手取り176,811円
残業代
ボーナス
だからなにそれ

 

8ヶ月もの間、約2畳というスペースしか自分の空間がなかった僕は発狂寸前まで追い込まれたので近所への引っ越しを決意。

 

そのタイミングで会社の体制が少し変わり、手当が支給されるようになったのです。

 

しかしそれと同時に3食支給のシステムが撤廃され、引っ越すことで家賃と光熱費が必要となりました。

 

これは、、どうでしょう。年収でいうと約250万。

 

いままでが低かったのでかなり給料アップした錯覚に陥りましたが、やはり高くはない、、かなと。

 

この給料は、僕が退職するまで変わりませんでした。

 

【ゲストハウス契約社員時代の給料】

ゲストハウスのヘルパーと宿泊客

 

「支配人の給料はわかったけど、社員のときの給料はいくらなの?」というあなたに、契約社員時代の僕の給料も公開します。

 

2017年の7月に入社し、10月から支配人になったと説明しましたが、8月と9月は契約社員として月に10万円の給料を受け取っていました。

 

給料というかお小遣いのような位置づけで、「10万円あげるからフリアコの仕事をこなしつつ、支配人の仕事も徐々に覚えてね」みたいな感じです。

 

ちなみにフリアコは、「住むとこ、3食、光熱費が無料の代わりに、1日5〜6時間のお手伝いをしてください」というシステムなので基本的に給料は発生しません。

 

ただ、ゲストハウスによっては多少なりとも支給されるところがあるので、しっかりと確認をしてみてください。

 

【ゲストハウスのバイトの求人】

契約書を書いている

 

ゲストハウスによっては、時給で通いのバイトの求人をだしているところもあります。

 

ですが主に清掃の業務になると思うので、仕事を通してゲストと交流ができるかというと微妙です。

 

現在はゲストハウスにカフェやバーを併設させるのが主流なので、ゲストさんや地元の方との交流を求めている場合は、カフェバーの求人を探してみましょう。

 

【ゲストハウスのオーナーになるという道】

ビルに向かって男性が両手を挙げている

 

ここまで読んでくださった方の中には「ゲストハウスって給料低いんだ、、やっぱりやめようかな」と思う人もいるはずです。

 

そんなあなたには、ゲストハウスのオーナーになってしまうという道もあります。

 

もちろん開業すれば必ず儲かるという保証はできませんが、しっかりと立地を選んで勝負すれば雇われているよりも収入が増えます。

 

さらに、期間限定でもゲストハウスの業務を任せられる人がいれば、休みを取って旅行に行くこともできます。

 

簡単ではないですが、たくさんの人との出会いを楽しみながら収入を得れて、自分の好きなタイミングで休めるというメリットはかなり大きいでしょう。

 

 

【ゲストハウスの仕事はこんな人におすすめ】

 

・人をおもてなしするのが好き
・たくさんの人と出逢いたい
・日本にいながら国際交流をしたい

 

上記に当てはまったあなたには、まずゲストハウスで働いてみることをおすすめします。

 

・給料の低さが気になる
・毎日人と関わるのは疲れる
・しっかりと決まった休みがほしい

 

そんなあなたは、ゲストハウスで長期間働くのはつらいかもしれません。

 

【ゲストハウスの給料まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

・給料が手取り10万円代と低い
・そのかわり住むとこ、3食、光熱費は無料のとこもある
・バイトだと清掃がメインになる可能性が高い
・オーナーになればやり方次第でしっかり稼げるチャンスがある

 

あくまでも僕が働いていたゲストハウスでの給与形態です。

 

僕はゲストハウスが大好きなので、手取りが12万のときも毎日が楽しくて満足でした。

 

とはいえ、ゲストハウスが好きでも無給で働くのはかなりきついです。

 

もしもゲストハウスで働きたいと思っている人は、まずはフリアコを経験してみることを強くおすすめしますので、下記の記事も併せて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき(27歳) 24歳からフィリピン留学➡カナダワーホリ➡世界一周➡ゲストハウス支配人➡現在はフリー。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。個人の留学エージェントとして、手数料完全無料で留学やワーホリの語学学校の紹介もやっています。気軽にお問い合わせください。