【ゲストハウス】で起こりうる4つのトラブルと対処法

黄色い壁に白いドア
絶望くん
ゲストハウスって色々トラブルが多そうだから不安、、

結論から言うと、ゲストハウスで起こるトラブルのほとんどは、少し意識していれば簡単に対処できるものばかりです。

この記事では、

  • ゲストハウスでのトラブル例
  • 各トラブルに対する対処法
  • 実際に僕が体験したトラブル

について、元ゲストハウス支配人で20カ国以上の旅経験がある僕が解説します。

ゲストハウスでのトラブル 盗難

男性が財布からお札を取り出している

実際に旅をしていると「〇〇のゲストハウスで財布を盗まれた」というようなトラブルを聞きます。

ドミトリーに泊まるのであれば、知らない人と部屋を使うことになるので、盗難のリスクはゼロではないというのは事実です。

盗難に遭う人の特徴
  • トイレなど、すぐ戻るからと貴重品を置きっぱなしにする
  • 寝るときに貴重品とそれ以外の荷物を一緒に放置
  • 知らない人をすぐに信用してしまう

僕は21ヶ国を旅して様々なゲストハウスのドミトリーに泊まってきましたが、一度も盗難のトラブルに遭ったことはありませんでした。

それは以下の対策をしっかりとやっていたからです。

【対策法】

  • たとえシャワーでも貴重品は肌身離さず持ち歩く
  • カバンのどこに貴重品が入っているかをむやみに人に教えない
    これは中南米で実際にあった盗難トラブルの話を聞いてから意識してます
  • 寝るときは鍵付きのロッカーに保管する
  • ロッカーがない場合は、貴重品はまとめて布団の中に入れる

やりすぎだと感じる人もいるかと思いますが、旅先での盗難は本当にテンションが下がるので、気をつけすぎくらいでいいと思います。

それでもやはり万が一があるので、クレジットカード付帯の保険には必ず加入しておきましょう。
>>>【世界一周におすすめ】クレジットカード最強の2枚【海外旅行保険付き】

ゲストハウスでのトラブル 騒音

女性が耳を塞いでいる

僕はちょっとした物音でもすぐに目が覚めてしまうので、ゲストハウスでの音対策は必須です。

  • 夜中に帰ってきた人の話し声
  • 早朝にチェックアウトする人のアラーム
  • 建物が崩れそうなほどのいびき

など、騒音とまでは言わなくても、ドミトリー(相部屋)では絶えずなにかしらの音がしています。

ドミトリーなのである程度はしょうがないと割り切っている人のほうが多いですが、気になる人は以下の対処法を試してみましょう。

【対処法】

  • 耳栓を使う
    (ゲストハウスによっては無料でくれます)
  • イヤホンをする
    (僕は音楽を聴きながら寝ていました)
  • 個室を利用する
    (お金に余裕があればおすすめ)
  • 話し声を注意する
    (勇気がある人はこれが一番早いです)

逆に、早朝にアラームをかける場合などは、事前に同じ部屋の人に伝えておくことも大事です。

僕自身も、早朝出発するときは「○時くらいにアラーム鳴るけどごめんね!」と声をかけるようにしていました

嫌な顔をされたことはないし、むしろ「どっか観光に行くの?」などの交流がうまれるので、嬉しかったです。

ゲストハウスでのトラブル 男女トラブル

橋のフチに男女が座っている

これは特に女性に多いトラブルですね。

ゲストハウスに泊まりくる人の中には、

  • 観光というよりも異性との出会い目的
  • しつこく飲みに誘ってくる
  • なんとか連絡先を聞き出そうとしてくる

ような人がいるのも事実です。

個人的な情報を聞こうとしてきたり、無理やり観光についてこようとするなど、「危険かも」と感じたら断りましょう。

【対処法】

  • 嫌だと感じたらしっかりと断る
  • 女性専用のドミトリーを選ぶ
  • お酒を飲みすぎない
  • スタッフに相談する

ハメを外し過ぎなければ大丈夫でしょう。

女性専用ドミトリーがあればそちらを利用するのが最善かもしれません。

>>>トラブルのない出会いがほしい人はこちらから

外国人の場合

4人の男女が楽しそうに笑っている

外国人は断っても積極的に言い寄ってくる場合があり、初めて外国人と接する人はびっくりするかもしれません。

ですが、「それが彼らの国民性なんだ」という気持ちで接してあげてください。

もちろん危険を感じたら周囲に助けを求める必要がありますが、基本的に外国人の旅行者は「日本人と仲良くなって日本のことをよく知りたい」と思っています。

  • 違う文化や価値観に触れて視野が広がる
  • 人をおもてなしする楽しさを感じられる
  • 簡単な日常英会話が自然と身につく

仲良くなった相手の国に遊びに行くなんていうのも素敵じゃないですか?

ですので、「外国人は苦手、、」と決めつけず、同じ人間なんだという気持ちでおもてなしをしてあげてください。

英語が苦手なあなたは【スカイプなし】オンライン英会話スクール5選+4【講師と英語レッスン】で英語に触れてみましょう。

ゲストハウスでのトラブル 清掃

床に落ち葉やホコリが落ちている

これはトラブルと言うほどではありませんが、ゲストハウスによっては掃除が行き届いておらず汚い場合があります。

特に海外の安いゲストハウスの中には日本の感覚では考えられないような汚さや問題点があるところが多いです。

  • 少し歩いただけで足の裏が真っ黒
  • シャワー室の床がヌルヌル
  • トイレが地獄絵図

潔癖症の人はゾッとするでしょう。

僕が聞いて1番恐ろしかったのは、「ベッドがダニだらけだからビニールを敷かないと寝れない」という、もはや寝かせる気ゼロのゲストハウスの存在です。

しかしもっと恐ろしいのは、そんなベッドでもビニールを敷いたら寝れてしまう旅人の感覚です。

ビニールはそんなに万能じゃないぞ、目を覚ませ。

【対策法】

  • 消毒のためのアルコールを持ち歩く
  • スリッパを持参する
  • ウェットティッシュを持参する

国内のゲストハウスだと汚すぎたり、問題点だらけのところは少ないので、比較的安心して泊まれます。

ちなみに海外では、瓶ビールの飲みくちを拭くとサビでティッシュが真っ赤になることもあるので、ウェットティッシュは重宝するかもしれません。

【ゲストハウスのトラブルと対処法 まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク
  • 盗難は気を抜かないことで防げる
  • 騒音はアイテムと気配りでお互い気をつける
  • 嫌なナンパはしっかり断り、男女トラブルを避ける
  • ビニールは万能じゃない、目を覚ませ

ゲストハウスで起こりうるトラブルのほとんどは、少し意識すれば簡単に対処できるものばかりです。

慣れていないうちは不安に思うことも多いかもしれませんが、ゲストハウスの楽しさを知ったら普通のホテルじゃ物足りなくなるはず!

ぜひ一歩踏み出してゲストハウスの素晴らしさを体感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。