【人生の不安を軽くする7つの方法】20代向け

虹

 

「この先の人生が不安、、」
「どんな風に20代を送れば良いのか、、」

 

この記事を読めば、誰でも簡単に実践できる「人生に対する不安を少なくできる7つの方法」がわかるので、20代の過ごし方が見えてきます。

 

仕事のストレスで入院し、人生のどん底で不安を感じていた20代の僕が実際にやってみて人生を大きく変えてくれた行動や考え方なので、人生に不安を感じている20代のあなたの力になれるはず。

 

【人生を賭けてやりたいことを見つける】

男性が丘の上に立っている

 

「それができたら人生に不安なんて感じてねーよ!くそが!地獄に堕ちろ!」

 

いきなりそんな声が聞こえてきそうですが、それはさすがに言い過ぎです。

 

人生において、自分の人生をかけれるほどのやりたいことを見つけることは非常に大事なことなのです。
不安より楽しさが大きい人生を送りたいのであれば、目を背けてはいけません。

 

つい数年前まで一切やりたいことがなく、人生に不安しか感じていなかった20代前半頃の僕が実際にやってみて、不安を希望に変えることができた、誰にでも再現可能な簡単な方法を7つ紹介します。

 

【人生の不安を軽くする1、本を読む】

男性が読書をしている

 

誰にでもすぐにできて、コスパが抜群に良くて、人生に対する不安が大きく取り除ける可能性があるもので1番最初に挙げられるのが、本を読むということです。

 

本というのは、

・歴史上の偉人
・大企業の社長
・専門的な知識に精通した教授
・一流のアスリート

など、なんとなく暮らしている20代では絶対に関わりを持てないような人たちの、想像もできないような人生を疑似体験できる最強のツールです。

 

本を読みインプットして、それを基に行動を起こしてアウトプットする。
20代でそれを習慣にしておくと、みるみるあなたの行動力、考え方が変わっていき、結果的に人生の不安を大きく減らせるきっかけになります。

 

僕もいま20代ですが、毎月1万円分の本を買ってインプットし、読んだ本の感想や気づいたことをノートにまとめてアウトプットすることを習慣のひとつにしています。

 

この習慣は、たまたま読んだ本がきっかけでやり始めたのですが、考え方だけでなく、ちゃんと行動まで変わったので、控えめに言って最高の自己投資だったと思います。

 

僕が特に影響を受けた本を2冊紹介しますので、ぜひ読んで人生を変える小さな一歩目にしてください。

 

 

【人生の不安を軽くする2、スキルを身につける】

机の上にパソコンとワイングラスがある

 

なにかひとつでもいいので、周りの20代よりも突出したスキルがあると選択肢が大きく広がります。

 

僕が特におすすめしたいのが、「パソコンがあれば仕事が可能なスキル」です。
このスキルがあれば場所に縛られることがないので、吐きそうになりながら満員電車に乗る必要も、わざわざ家賃の高い駅近の家に住む必要も一切なくなります。

 

場所に縛られないので、海が好きな人は海の近く、お酒が好きな人は飲み屋街の近く、夢の田舎暮らし、言ってしまえば海外生活も可能です。

 

さらに時間の規制も少なくなれば、

行きたい時に、行きたいところへ。
会いたい人には、会いたい時に。

という生活スタイルも叶います。

 

人間は絶対にいつか死ぬ。これだけは決まっているのです。
あなたの大切な人になにかあった時、すぐに駆けつけられるようなスキルを身につけておくことは、人生の不安を取り除くうえで重要なのではないでしょうか?

 

僕のおすすめは、

・ブログ
・ライティング
・プログラミング

です。

 

あとで紹介しますが、物価の安いところに住みながら生活費を抑えて生活することも可能になってくるので、少しでも人生から不安を減らすためには非常に優先順位が高いと言えます。

まずは気軽にカウンセリング⬇

 

【人生の不安を軽くする3、人と出会う】

女性が楽しそうに会話をしている

 

人との出会いというのは、人生を一瞬にして変えてしまうほど非常に強力なパワーがあります。
というのも、僕の人生が大きく変わったきっかけは、人生初のひとり旅で泊まっていたゲストハウスでのフランス人との出会いだからです。

 

当時22歳だった僕は、仕事のストレスに耐えきれずに入院し退職したばかりで、人生に対する不安を人一倍感じていました。

 

そんな状況で現実逃避のように訪れた石垣島のゲストハウスで、フランス人と出会いました。

 

そのフランス人は僕に英語でたくさん話しかけてくれたのですが、英語が一切わからないうえに極度の人見知りだった僕はただ苦笑いしながら首をかしげるだけ。

 

それがとても悔しかった。
ただそれだけの、本当に小さな出来事。

 

でもその悔しさがきっかけで、まったく興味のなかった海外に興味を持ち、フィリピン留学、カナダでワーホリ、世界半周ひとり旅を経て、地元湘南のIZA江ノ島ゲストハウスで働き始めました。

 

文字通り、人との出会いで人生が一瞬にして変わってしまったのです。

 

さらに言うと、昔の自分みたいに人生に不安を感じている20代のあなた、それ以外の世代のあなたの背中を押せる仕事がしたいという目標ができて、いまこうやって記事を書いています。

 

人生何が起こるかわからないから、20代という若さを持ちながら不安に負けて動けなくなっている場合じゃないんです。
「人見知りだから、、」そんな思い込みは捨てて、思い切って行動してみましょう!

 

価値観の違う様々な人と出会うならゲストハウスが断然おすすめです。
ゲストハウスってどんなとこ?

 

【人生の不安を軽くする4、海外にひとり旅に出る】

バックパッカー

 

20代に限らず、人生に不安を感じているあなたは海外へひとり旅に出てみましょう。

 

あなたが行きたかった国、近場の国、物価が安い国など、まずはどこでも構いません。
個人的には物価が安くて行きやすいアジア、時間と勇気がある人には中南米やアフリカをおすすめします。

 

・日本の常識が一切通用しない人や交通機関
・スケールが桁違いの絶景
・目を背けたくなるほどの貧困

 

そしてなにより、人生に不安を感じているあなたのことを、年齢、肌の色、肩書など気にせず、「ひとりの人間」として認めてくれる海外の人の温かさに触れられることでしょう。
きっとその経験は人生のターニングポイントになり、一生忘れられない出来事になるはずです。

僕の人生に衝撃を与えたモロッコでの出来事

 

【よしきのおすすめ】

 

「英語ができないから無理、、」と不安に感じているあなたには、まずフィリピン留学やワーホリをおすすめします。
英語力ゼロだった僕が、海外で仕事ができるくらいに成長できたので、効果は保証できます。

半年間のフィリピン留学の効果
ワーホリってなに?

 

国内にいながら英語力を身につけたいあなたにはオンライン英会話をおすすめします。
日本にいながらネイティブとマンツーマンでレッスンができるのはかなり高ポイントです。

まずは無料でネイティブとの会話を試してみる⬇

 

ただその場合は中学レベルの文法と単語の知識があったほうが上達も早いので、不安なあなたは英語の文法の必要性の記事も参考にしてみてください。

 

【人生の不安を軽くする5、仕事を何個か持つ】

パソコンとカメラ

 

現在20代である僕も、30代に突入する前に仕事を何個も持つことを形にしたくて日々試行錯誤を繰り返しています。

 

ひとつの仕事に依存していると、万が一倒産した時に収入源がなくなってしまうので、仕事を複数持つことでリスクの分散になるからです。

 

ちなみにここでいう仕事を何個も持つというのは、「正社員として働きながら、空いた時間に居酒屋でバイトする」ようなことではありません。
むしろそれは、目先のお金のために時間と体力を消費しているだけなので、おすすめしないです。

 

あくまでも、あなたが好きなこと、あるいは興味を持てる分野での仕事を複数持つことを目指しましょう。

 

僕の場合は、

・ブログ
・ライター
・留学エージェント
・フォトグラファー

をどんどん仕事にしていきます。

 

全部好きなことだし、ライター×フォトグラファーなどの掛け算もできます。
なんといっても、それぞれ「誰かの一歩を応援したい」という僕のビジョンに通ずる仕事なので、20代といういましかない若さと勢いを武器に動くのみです。

まずは気軽にカウンセリング⬇

 

【人生の不安を軽くする6、最低限の生活ラインを知っておく】

女性がピクニックをしている

 

これを言うと、「貧乏な生活なんて嫌だ!」と反発してくる人がいますが、なにも我慢して貧乏生活をしろと言っているのではありません。

 

「あなたが楽しく生活できる最低のラインを知っておく」

 

これが大事なのです。
なにかの事情で収入が減少したときでも、「毎月これだけあれば生きていける」と気持ちの余裕が持てるので、強い不安に飲み込まれる心配も少なくなりますので。

 

さらに、上記でも紹介したような場所に縛られない仕事のスキルを身につければ、物価の安い国で生活費を抑えながら楽しく生活することも可能になってきます。

 

高級車やマイホームの購入がステータスになる時代はもう終わりです。
見栄や肩書など捨てて、自分らしく毎日笑顔で生きていることが幸せと言えるような人生を歩んでみては?

 

【人生の不安を軽くする7、帰れる場所を持つ】

夕焼けの中で4人が手を繋いでいる

 

新しいことに挑戦するというのは楽しいことばかりではありません。

僕はフィリピン留学中、英語の勉強についていけなくて何回も悔し泣きをしました。
「なんで留学なんて来ちゃったんだろう」って自分を責めました。

それでも頑張れたのは、日本に帰る場所があったから。

 

どんなに反対されても、どんなに喧嘩しても、なんだかんだ小言を言いながらあなたのした選択を最後まで応援してくれて、味方でいてくれるのは家族です。

 

辛くなった時に相談できる友達や彼氏彼女、行きつけのお店だってそう。

 

なにか大切なものを失っても、あなたには帰る場所がある。
いつでもあなたを待っててくれる人がいる。

 

そう思うだけで人生の不安など吹き飛んでしまいます。

 

人生とは人との繋がりがすべて。
いつも身近にある存在だから忘れがちですが、人に対する感謝の気持ちを無くさずに、人になにかを与えられる人になれれば、あなたの人生は明るいですよ。

 

【人生の不安を軽くする7つの方法 20代向けまとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

・本を読む
・スキルを身につける
・人と出会う
・海外へひとり旅に出る
・仕事を何個か持つ
・最低限の生活ラインを知る
・帰れる場所を大切にする

 

20代で失敗しても取り返せるし、若いってだけでかわいがってもらえる、マリオで例えるとスターを取ったような無敵状態です。

20代でどれだけ動けるかによって、今後の人生の不安度が大きく変わるはずなので、まずは1つでもいいので試してみましょう。

まずは気軽にカウンセリング⬇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。