【シェアハウスに住みたいあなたにメリットとデメリットを伝える】

マグカップを持つ男女の手

 

「費用が安そうだし、シェアハウスに住みたい」
「でも、メリットとデメリットが気になる」

 

シェアハウスには、費用が安い、友達ができる、男女の恋愛があるなど楽しいメリットが多いですが、その分人間関係のトラブルが起こりうるというデメリットも存在します。

 

この記事では、カナダでワーホリ中に10人以上と半年共同生活していた僕自身の経験から、シェアハウスに住むことのメリットとデメリットを紹介します。
ワーホリってなに?

 

【シェアハウスは費用が安い】

メモ帳とお札

 

東京などの都内、さらに言うと駅から近い場所にアパートを借りて住む場合は、家賃が高くなる傾向があります。

人気の駅の家賃相場
  1. 吉祥寺駅  7.64万円
  2. 池袋駅  8.79万円
  3. 恵比寿駅  13.21万円
  4. 中目黒駅  10.96万円
  5. 早稲田駅  8.68万円
人気の市区町村の家賃相場
  1. 新宿区  9.7万円
  2. 中野区  7.76万円
  3. 渋谷区  10.72万円
  4. 中央区  11.07万円
  5. 港区  12.68万円
※LIFULL  HOMES参照
(※家賃相場はワンルーム・1K・1DK)
どうでしょう、個人的には1K・1DKでこの家賃相場だと住みたくても気軽に住むことができないというのが正直な感想です。というか、クソたけえ。
上記は家賃の平均なので、敷金、礼金、家具家電などの初期費用をいれると、それだけでも30〜60万くらいのまとまった出費になってしまいます。クッソたけえ。

【シェアハウスのメリット】

シェアハウス

 

・都内でも駅から徒歩圏内で3万〜の物件がある
・敷金、礼金の初期費用がかからない
・家具、家電が備え付けてある

 

物件や部屋のタイプ(個室か相部屋)によっても左右されますが、同じエリアでもアパートを借りるよりも家賃が抑えられる場合がほとんどで、なんといっても初期費用がかからないのが圧倒的な魅力です。

 

さらに家具、家電を揃える必要もないので、無駄な出費がなくあなたが気に入ったエリアに住むことができます。

 

「東京でシェアハウスに住みたいけど、良い仕事が見つかるか不安、、、」というあなたは「Tokyo Dive」というサービスを利用すると、初期費用が必要ない物件と同時に仕事も探してくれて、しかも友達作りのためのコミュニティも用意してくれるので、一石三鳥ですよ!
東京に住むならTokyo Dive?

 

物件探しだけでも大丈夫ですので、気軽にメールで相談してみましょう!

 

【よしきの場合】

 

僕はワーホリビザを利用してカナダで仕事をしながらシェアハウス型の寮に住んでいたのですが、

・家賃が3万円以下(水道、光熱費、wifi込み)
・相部屋(個室もある)
・家具や家電は備え付け
・街の中心、職場まで共に歩いて15分程

日本でもこれくらいの条件のシェアハウスを探すことはできます。

 

【シェアハウスでは様々な友達ができる】

男女のグループが楽しそうに笑っている

 

シェアハウスの特徴といえばやはり様々な人達との共同生活です。

 

・日本にいながら外国人と生活ができるシェアハウス
・フリーランスが集まるシェアハウス
・女性専用のシェアハウス

 

など、ただ家賃が安いだけでなくシェアハウスにコンセプトを持たせているところも増えています。

 

日々の生活の中に語学や文化の勉強、様々な職種の人達との関わりが自然と組み込まれるので、刺激を受けながら自分の成長スピードを上げたい人には、なにかコンセプトがあるシェアハウスがおすすめです。

 

しかしシェアハウスに住むのであれば、以下のデメリットの部分もしっかりと理解しておく必要があります。

 

【シェアハウスはプライベートがない】

女性が部屋で体育座りをしている

 

シェアハウスに入居したての頃は、住人たちとの交流が新鮮で、毎日がとにかく楽しく感じます。
しかし慣れてくるとそうもいきません。

 

疲れてしまったときや、ひとりで考え事をしたいときでもシェアハウスに住む限りは部屋が個室だとしても、トイレ、シャワー、キッチンは共用なので、誰かしらと顔を合わせることになります。

 

僕はどうしても誰とも会いたくない日があると、忍者のようにトイレに行き、もはやシャワーは浴びず、修行僧のように断食をして部屋にこもっていました。

 

その時はたまたまルームメイトがいなくて相部屋を個室として使えていたので耐えられましたが、もしもルームメイトがおしゃべりクソ野郎だったらと思うとけっこう笑えないですね。

 

【シェアハウスの問題点】

汚れた鍋

 

・キッチンが散らかしっぱなし
・トイレ、シャワーが汚い
・私物の調味料などを勝手に使われる

 

「掃除はしっかりと当番を決めてやればいいじゃん」と思うはずです。
が、最初はきれいに掃除をしていたとしても、慣れてくると手を抜く人が出てきます。

 

「私はいつもきれいに掃除しているのにあいつは全然やらない」などの不満が大きくなると、「ついこの前まで仲良かったのにもう顔も見たくないくたばれ」というような地獄絵図になってしまうことも。

 

それだけならまだしも、一緒の生活に慣れると人の私物を勝手に使う人も出てきます。
使う側は「一緒に住む仲だし別にいいでしょ?」という感覚ですが、そこは「親しき仲にも礼儀あり」です。

 

僕ですか?僕はどうしても辛いものが食べたくて同居人の豆板醤を勝手に使ったくらいですかね。

本当にすみませんでした。

 

【シェアハウスの男女トラブル】

2匹のチーターが喧嘩している

 

同じ屋根の下で男女が共同生活をするのですから、自然と恋に落ちることもあるでしょう。
シェアハウスメイトに祝福されながら、価値観の合う相手と付き合うことができるなんて幸せですよね。

 

しかしそれが三角関係などの事態になった途端に地獄絵図です。
特に1人の男性を女性が取り合う構図は、腹をすかせた数頭のライオンと同じ檻の中で生活するのと同じくらい怖いです。八つ裂き待ったなしです。

 

僕はシェアハウスに住んでいる時に、恋愛とは別の問題で女性同士の争いを目の当たりにして恐れおののいたのですが、もしそのシェアハウスメイトが有村架純と高畑充希だったらと思うとすごく嬉しいの。

 

【シェアハウスでは自己管理が必須】

燃え盛る炎の前で男性が両手を広げている

 

最初は貴重品の管理などはしっかりしていても、シェアハウスに慣れてくると財布やスマホなどを共用のスペースに放置して外に出たり、部屋で寝たりしてしまいがちです。

 

あまり疑ってかかるのもよくないですが、誰かと共同生活をしている以上は盗難の可能性は否定できません。

 

仮にシェアハウス内で誰かの財布がなくなったら、全員が全員を疑わざるを得ないし、最悪の場合、人間関係が完全に破綻してしまい、住むことに耐えられなくなってしまう可能性もあります。

 

ですので、シェアハウスに住むうえでの最低限の配慮として、というか当たり前のことですが、自分のモノは自分でしっかりと管理をしましょう。

 

【シェアハウスは人生を変える】

男性がジャンプしている

 

僕は人生を変える方法として手っ取り早いのが、

・たくさんの人と出会う
・生活する環境を変える

この2つであると身をもって実感しています。

 

シェアハウスで生活するということは、上記の2つの条件が一気に満たされるということです。
合う合わないはありますが、興味があれば飛び込んでみることをおすすめします。

 

特に「東京に住みたいけど、一歩踏み出す勇気が出ない、、」という地方に住んでいるあなたは、住む場所、仕事、友達作りの場を用意してくれる、便利すぎる上京サポートを利用してまずは気軽に相談してみましょう。

 

【シェアハウスに住みたい まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

・費用が安くて節約になる
・様々な人に出会える
・完全なプライベートがない
・人間関係のトラブルの可能性
・盗難などのトラブル

 

少しの勇気と行動力があれば、自分が気に入った地域に気軽に住むことができる時代です。
こんなにも恵まれている時代に生きていてなにもしないなんて大損ですので、この記事を読み終えたこの瞬間から行動することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。