【ゲストハウス経営】資金の集め方【クラウドファンディング】

壁に窓がついている

 

「ゲストハウスを経営したい」
「どうやって資金を貯めよう、、?」

 

ゲストハウスの経営に限らず、開業資金の調達は金額が大きければ大きいほど難しいですよね。

 

この記事では、たくさんの人を巻き込んで応援してもらいながら、資金も調達するクラウドファンディングという方法を、実際の例も載せて紹介します。

 

【クラウドファンディングとは?】

Image result for クラウドファンディング

 

簡単に説明すると!
ネット上で「〇〇をしたい!」、「〇〇を作りたい!」という風に、やりたいことがあるけれど資金が足りない人や、たくさんの人に応援してほしい人などが声を上げます。

すると、その想いに共感した人たちから資金を支援してもらえるというシステムです。

 

CAMPFIREというサービスが、クラウドファンディングの中では特に有名で、これまでの累計プロジェクト数は19,000以上、支援者は980,000人にのぼり、支援資金総額は97億円超となっております。
※2019年2月現在

 

【どんなプロジェクトがあるの?】

Image result for CAMPFIRE クラウドファンディング

 

プロジェクト自体は人によって本当に様々です。

 

こんな感じ!

・音楽をやっているので、アルバムを作りたい!

・自作の本を出版したい!

・誕生日をキリマンジャロの山頂で迎えたい!

・野菜の美味しさを届けるためにレストランを開業したい!

・オリジナルTシャツを作りたい!

 

思わずクスリと笑ってしまうようなユニークなプロジェクトもあって、色んな人が夢を叶えるために頑張って行動しているんだなと、眺めているだけでも刺激をもらえます。

 

もちろん、ゲストハウス経営の資金集めをしている人もいますよ。

 

【誰でも資金集めに挑戦できるの?】

 

プロジェクトはCAMPFIREに登録すれば誰でも無料で開始することができます。

 

「クラウドファンディングなんてやったことないし、周りにもやってる人がいないからできるか不安、、」

 

初めての人はもちろんそんな不安がありますよね?

 

CAMPFIREでは1プロジェクト1担当者制で、プロジェクト応募前の相談から達成に向けたサポートをさせていただきます。
※CAMPFIREホームページより抜粋

 

無料なうえ、しっかりとしたサポート体制も整っているので安心です。

 

資金集めの目標金額も自分で決めれるので、迷ってしまいますが、その辺のこともスタッフさんからアドバイスをもらえます。

 

【クラウドファンディングで資金を集めるメリットは?】

チップがガラスの入れ物に入っている

 

なにより必要な資金が集められるとこです。

 

どれくらいの規模のゲストハウスを経営したいかにもよりますが、通常は最低でも数百万〜の資金は必要になってきます。

 

そんな資金を自分ひとりでゼロから集めるとなると、気が遠くなりますよね。

 

さらに、クラウドファンディングでは支援してくれた人たちへのリターン(お礼)を設定できます。

 

例えば!

・1,000円の支援にはお礼のメール

・10,000円の支援には宿泊代が2泊分無料

・1,000,000円の支援には1年間無料パスポート

※ゲストハウスのクラウドファンディングと仮定した場合の例

 

リターンの種類はプロジェクトをする人によって様々ですが、支援してくれた人がリターンによって喜んでくれる姿を想像するのも、「頑張ってプロジェクトを達成させよう!」という活力にも繋がります。

 

【応援してくれる仲間ができる】

 

支援者の中には、あなたのプロジェクトに対する想いに強く共感して、一支援者を通り越してファンになってくれる人もいます。

 

クラウドファンディングを始めたらSNSなどで拡散していくことも大事になるのですが、そこで繋がった人がファンになってくれて、いつも応援のコメントをくれたり、あなたの頑張りを色んな人にシェアしてくれます。

 

さらに、例えばゲストハウスやレストラン、カフェバーなど、実際に会いに行ける場所づくりのプロジェクトだとしたら、完成後に遊びに来てくれる可能性も高く、そこから常連さんになってくれたり、一緒に遊びにでかける友達関係にもなれるかもしれません。

 

ゲストハウスの経営に限らずですが、人との繋がりというのは何にも代えがたいほど大切なことです。

 

そんな、人との繋がりの大切さも学べるところもクラウドファンディングのメリットだと言えるでしょう。

 

【デメリットは?】

男性が涙を流している

 

必死で前に進んでいると、中には心無い批判を浴びせて足を引っ張ろうとしてくる人もいます。

 

しかしこれはなにか大きなことをしようとする以上、仕方のないことだと思って割り切りましょう。

 

ネガティブな言葉はとても強力なので、足を引っ張る人たちのことばかりが気になってしまい、落ち込むときもあるかもしれませんが、その何倍もあなたのこと応援してくれる人がいます。

 

「絶対に成し遂げるから見とけよ!」という風に活力に変えて、目標を達成したときに心のなかで「ざまーみろ!」と言ってやりましょう。

 

とにかく、反面教師にしつつ相手にしないことが1番です。

 

【実際の資金調達例】

男性がホワイトボードを持って笑っている

 

これは実際に僕の友達が達成したクラウドファンディング例ですが、友人同士でカフェバーの開業に向けて、クラウドファンディングを始めました。

 

プロジェクトに対する熱い想いなどをSNSで拡散したり、とにかくたくさん行動したところ、200万以上の資金が集まることとなり、プロジェクトは大成功。

 

しかし彼らのすごいところはこれだけでなく、支援のリターンに「店舗のリノベーションの手伝いに参加できる権利」を設定していたのです。

 

これによって資金を集めると同時に、DIYやリノベーションをしてみたい人、将来カフェバーをやりたいから参考にしたい人、ただただ応援してくれる人など、たくさんの人が集まってくれました。

 

その結果、できるところは支援者と協力して自分たちでリノベーションをして、カフェバーの内装工事費を抑えるとともに、支援者にとっても特別な想いが込められた場所にすることによって、さらに多くのファンを獲得したのです。

 

これはまさにゲストハウス経営にもぴったりなやり方だな〜と、とても感心してしまいました。

 

【とにかくやってみる】

光に向かって手を伸ばしている

 

「資金が全然集まらなかったらどうしよう、、」

 

そんなことを考えてしまう気持ちは痛いほどわかりますが、何事もやってみないとわかりません。

 

多くの人は「自分にできるはずない」と、簡単に諦めていきます。

 

なのでもしあなたがここで一歩踏み出せば、それだけで他の人と大きな差をつけれることになります。

 

そのたった一歩の差が人生を変えるのです。

 

かっこつけて大きく飛ぶ必要はありません。

 

泥臭くても一歩一歩、たしかに前に進む。

 

その姿を見て、手を差し伸べてくれる人は必ずいます。必ずです。

 

だからまずは動いてみよう。

 

【自分でも資金を貯めておく】

豚の貯金箱

 

クラウドファンディングでゲストハウス経営の資金が集まれば嬉しいですが、やはり自分でもある程度の資金を貯めておくことは非常に大事です。

 

あなたが社会人であれば仕事をしながら地道に貯金をしていくのが無難ですが、家賃、食費、光熱費、娯楽費、、、。

 

「貯金しよう!」と意気込んでもなかなか貯められないのが現状ですよね。

 

ゲストハウス経営をするためにいずれ仕事を辞めるのであれば、早めに辞めてしまい「リゾートバイト」でがっつり貯金することをおすすめします。

 

【リゾートバイトとは?】

 

リゾートバイトとは?
・沖縄、温泉街、スキー場など、人気のリゾート地に住み込める
・日本中から住み込みに来た人と友達になれる
・基本的に寮費、食費、水道光熱費が無料
・高時給のバイトが多いので、案件次第では3ヶ月で100万貯金も可能
・スキー場ではリフト券、 温泉地では温泉無料など、場所によって特典付き

 

まさに貯金にはもってこいのサービスです。

ゲストハウス経営に向けた資金集めなど、なにか大きなことをする準備でリゾートバイトを利用する人も多いので、仲間作りや情報交換にもいいですね。

 

この記事では、数あるリゾートバイト会社の中でも「No1の高時給」の大手、【リゾートバイト.com】をおすすめします。

 

遠方にいても無料でメール相談ができるうえ、勤務地、時給、寮の条件など、細かい希望も親身に聞いてくれてベストの案件を紹介してくれるので、詳しくは【リゾートバイト.com】のホームページをご覧ください。

無料メール相談はこちらから⬇

 

【ゲストハウス経営の資金集め まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

クラウドファンディングに限らず、なにか新しいことに挑戦する際のハードルがどんどん低くなっているように思えます。

 

失敗しても失うものはなにもないので、このチャンスを逃さずに思い切って挑戦してみましょう。

CAMPFIRE

 

その際は僕にも一報ください。
できることは協力させてほしいし、全力で応援するので。

 

ゲストハウス経営を失敗させない5つの秘訣についても書いているので、併せて読んでいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。