【スマホなし生活】1年間やってみたメリットとデメリット【持たないと不便?】

2人の男性がスマホを操作している
スマホ好き
スマホ大好きぃぃいい!スマホォォ!!スマホォォオ!!

という、スマホがないと生活できない人がいまの世の中ではほとんどだと思います。

スマホというのは非常に便利な半面、SNSなどで様々な情報が気軽に見れてしまうので、精神的に疲れてしまったり、無意識に多くの時間を取られてしまったりマイナスな面も多々あります。

この記事では、スマホを持たない生活を1年間続けた僕が、実際にスマホを手放して感じたメリットとデメリットに加え、無駄な出費を抑えることができる格安スマホを紹介します。

【スマホなし生活が始まった理由】

男性がホワイトボードを持って笑っている

そもそもなぜスマホを手放したかというと、フィリピン留学中に落として壊してしまったからです。

フィリピンの街中でちゃんと修理をしてくれるのかもわからず途方に暮れていたときに、「いい機会だし、スマホなしで生活してみよう」と開き直った結果、帰国後もスマホを持たない生活が1年間続きました。

Wi-Fiが飛んでいるところでのみ使えるiPadを持っていましたが、Wi-Fiルーターなどは持っていなかったので、基本的に自宅から一歩外に出たら音信不通。

最初はかなり不便だと感じていたのですが、慣れてくるとデメリットばかりではなかったので、まずは僕が感じたメリットから紹介します。

【スマホなし生活メリット1 早めに行動するようになる】

馬

友達と遊びに行く時、万が一遅刻しそうになってもスマホさえ持っていれば2秒でそのことを伝えられますが、スマホなし生活だとそうはいきません。

電車の場合、あらかじめ待ち合わせ場所をしっかり確認し、迷っても間に合うように2〜3本早い電車に乗って行動していました。

友達からすると、自宅を出た瞬間に音信不通になる半原始人みたいな僕のことを「めんどくさいな」と思っていたかもしれませんが、その点については「すみません」と声を大にして申し上げておきます。

【スマホなし生活メリット2 本を読む時間が増える】

女性が夕日を見ながら本を開いている

さて、2〜3本早い電車に乗って行動するようになったので、スムーズに待ち合わせ場所につくと時間が余ってしまいます。

スマホがあればすぐさまSNSをチェックして、楽しそうな近況や仕事が順調そうな友達の投稿を眺めてモヤモヤした気持ちになったり、「仕事を辞めたい」という人の投稿を見て安心感を得たりできますが、こちらは半原始人です。

近くで買物をして時間を潰そうにもスマホで連絡が取れないので、待ち合わせ場所を離れるのがとにかく不安です。

そんな半原始人に唯一できるのは読書でした。

しかしこれがまた最高なのです。

時間が潰せるうえに新しい知識を大量にインプットできるので、行動してアウトプットしていくだけで人生がどんどん変わって豊かになっていきます。


スマホあり➡SNSなど、なにも考えずにただ時間を浪費してしまうことが多い。

スマホなし➡自然と読書が習慣になるので、考え方や行動がどんどんポジティブに変化していく。

読書の途中でスマホが気になっても大丈夫。持っていないので。

【スマホなし生活メリット3 人に聞くようになる】

男性が笑顔で拳を合わせてる

知らない土地で道に迷ってしまった時、スマホがあれば目的地までの道のりを一瞬で調べることができますが、スマホなしの半原始人にはコンパスすらありません。

すると、自然と人に聞くようになります。

僕自身、知らない人に話しかけるのが苦手どころか、お店にひとりで入るのも苦手なほど引っ込み思案な性格を持ち合わせているのですが、スマホがないとそうも言ってられないのです。

いざ道行く人に訪ねてみると、とても親切に教えてくれます。

人によってはわざわざ近くまで一緒に案内してくれたりもして、短い時間ですが人との温かい繋がりを感じることができます。

【人との交流が生まれると?】

人から優しさを受け取ると、今度は自分が誰かに返したくなるのです。
この現象は脳科学的にも証明されています。

人間は、そうやって誰かから受け取った優しさを繋ぐことで幸せを感じる生き物なのです。

だけど人間っていうのは不器用だから、優しさだけでなく、悲しさ、寂しさ、辛さ、怒り、憎しみなども繋いでしまいます。

それが戦争や差別など、悲しみの連鎖を引き起こしてしまう。
その連鎖はいまも止まらない。なくならない。

だけど、悲しさや憎しみよりも優しさを繋いでくれる人が少しずつ世界中に広がっていったら?

いまより笑顔が溢れて、いまより幸せになれるかもしれない。

スマホを持たない。

たったそれだけのことが、そんなとても大事なことに気づかせてくれたのです。

当たり前のことなのに、スマホを持たない生活をしていければ気づかなかったかもしれない。

もしかしたら僕たちは、スマホで便利さを手に入れることと引き換えに、人間として大切なことが見えなくなっているのかもしれませんね。

【スマホなし生活メリット4 節約になる】

手のひらに小銭を重ねている

あと単純に節約になります。

スマホ代だけでなく、Amazonやメルカリなど、1クリックで買えてしまう便利さからなんとなく買っていたモノもスマホがないと気軽に買えなくなるので、それらの出費も抑えることができます。

ここまでのメリット!

・計画的に早め行動をするようになる
・読書が習慣になる
・人との繋がりの大切さに気づける
・節約になる

と、いい事づくしですが、スマホを持たない生活におけるデメリットはどんなことでしょう?

【スマホなし生活デメリット1 待ち合わせに不便】

迷子

メリットの部分でも触れましたが、待ち合わせが不便です。

事前にしっかりと待ち合わせ場所を決めて、「何時までに合流できなかったら◯◯に集合ね!」などと2重に予防策を張っておけばわりと防げます。

しかし僕の経験で、改札がひとつしかないと思い込んでいた駅での待ち合わせに行ってみると改札が2ヶ所あり、友達がどっちの改札にくるか読めずに、ひとつの改札で40分待機してやっと合流できたことがありました。

探しに行くにも、すれ違ってしまったら嫌だという思いから動くに動けず、相手に多大な迷惑をかけてしまったことを反省しました。

【スマホなし生活デメリット2 急な連絡ができない】

エマージェンシーボタン

「あ!そういえば!」という風に、出先でなにか重要なことを思い出した経験は誰にでもあるはずです。

スマホさえあればその場で解決できることがほとんどですが、スマホなし生活だとそうはいきません。

重要であれば重要であるほど気が気じゃなくなってしまい、結局家まで帰ってきたという経験もあります。

逆に誰かからの緊急な連絡も受け取ることができないので、万が一のことを考えると後述する格安スマホくらいは持っておくと便利ですね。

【スマホなし生活デメリット3 連絡先の交換が不便】

女性がスマホを持っている

男たるもの、かわいい女の子に連絡先を聞かれた際、いかにスマートにLINEのQRコードを出せるかがその後の人生を左右しますが、スマホを持たない生活をしているとそれすらもできません。

「あ、おれスマホ持ってないからFacebookでいい?家に帰ればiPadがあるからそこからメッセージ送るよ」

と説明したときに味わう、原始人を見るような女の子の冷めた目は嫌いじゃありませんでした。

【スマホなし生活デメリット4 仕事に不便】

ビジネスマン

僕はゲストハウスで支配人として働いていたのですが、宿の責任者である以上、なにかあったときに連絡が取れないと困ると社長に言われてしまいました。

それまで順調にスマホなし生活を送っていて、「スマホがある生活なんて考えられない!」と、社長に対して強くスマホを持たないことを宣言。

ですが普通にドン引きされて格安SIMなるものに契約し、1年間のスマホなし生活に終止符が打たれたのです。

1年間のスマホなし生活に慣れきっていたので、スマホを持ち歩く生活にとても違和感があったのですが、持ったら持ったでやっぱクソ便利だなこれ。

デメリット!

・待ち合わせで会えない可能性がある
・緊急連絡ができないし、受け取れない
・仕事先に迷惑をかける
・かわいい女の子が冷めた目で見てくれる

【結局、スマホは持つべき?持たないべき?】

クエスチョンマークで顔を隠す女性

結論から言うと、スマホはあったほうが圧倒的に便利です。

いま振り返ると、「なんでスマホなし生活なんてしてたんだろう?」って思うくらい便利。

とはいえ、月々支払うスマホの料金は本当にもったいないです。

お店で契約して、よくわからないままスマホの料金を支払っている人はほぼ確実に損しています。

僕は格安スマホを実際に使っていますが、不便な場面は一切ないのに月々7000円くらいの節約になっているので、毎月おいしいお寿司が食べれます。

年間でいうと、なんと84,000円の節約です。

旅行に行けてしまう金額が垂れ流されていたと思うと、本当にもったいないと思います。

ですので、

結論
スマホは持ったほうがいいけど、格安スマホを使って大幅な節約をするべき。じゃないと、毎月お金をドブに捨てているのと一緒

というのが僕の意見です。

たったの4ステップで大きく節約できる方法があります

燃えてるお札を持つ女性

月々のスマホ代を大きく節約したいなら、格安スマホを使わない手はありません。

僕も格安スマホを使っていますが、UQ-mobileなら通話もネットもコミコミで月額1,980円〜のプランもあるので、かなりお得にスマホを持つことができます。

「格安スマホっていまいちよくわからないし不安、、」

というあなたも、UQ-mobileならテレビなどでもおなじみで有名なので、利用者も非常に多くて安心して利用可能です。

いまならこの記事で紹介しているサイトから申し込めば最大13,000円のキャッシュバックももらえます!

格安スマホの申込画面を見ている

申込みもたったの4ステップなので、「スマホ代を少しでも節約したい」と思っているあなたはこのチャンスを見逃さないことをおすすめします!

格安スマホ UQ-mobileの口コミ

もとは二台持ちを1台にしたら6Gで3000円で済んでいます。 ※価格ドットコム

 

速度やつながりやすさは大変満足しているが、データ量3GBしか選べないのが不満。データチャージは500円/500MBと高額。基本料金高額プランへの誘導が見え見え。月平均3GB以内の利用で、ほとんど通話をしない人にお勧め。 ※価格ドットコム

 

スマホただだし、速度も安定して繋がる。文句無いです。IIJで使っていたときは、クラウド型(データがクラウド)アプリが通信速度が不安定&低速なので使えないことがたびたび有った。Webサーフィンでも表示が止まることも多かった。UQモバイルにしてから、全部正常になった。 ※価格ドットコム

価格は安くなるけど容量が小さめなので、普段は家のWi-Fiなどを使って、出先で調べ物やLINEなどを使いたい人におすすめです。

僕もそんな使い方をしていますが、不便を感じたことはありません。

格安スマホはこんなあなたにはおすすめできません

  • 常に出先で動画を見たい
  • 家にWi-Fiを設置していない
  • 仕事にスマホが欠かせない

こんな人は格安スマホにすると不便するかもしれません。

格安スマホはこんなあなたにおすすめ

  • 出先で動画を見ることはほとんどない
  • 家ではWi-Fiを繋げる
  • LINEや簡単な調べ物がメイン

こんなあなたは、いますぐ格安スマホに変えないと毎月ただ損をしているかもしれません。

たった4ステップで完了するので、格安スマホデビューして無駄な出費を抑え、自分の趣味に使いましょう。

【スマホなし生活 メリット・デメリット まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク
  • スマホはないと不便
  • 多くの人は毎月のスマホ代で損をしている
  • あまり使わないなら格安スマホに変える
  • 僕は年間84,000円の節約になりました

個人的には格安スマホに変えることはメリットしかないと思います。

会社の給料を毎月7,000円上げるのはとても大変ですが、格安スマホに変更するだけでそれだけ使えるお金が毎月増えるのです。

なんとなくスマホを契約して使っている人がいたらいますぐ見直しをして、無駄に垂れ流している出費を抑えて自分の好きなことにお金を使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。