【東京でバイト】住み込みだとゲストハウスはきついです【体験談】

男性が重い荷物を押している

 

「東京で住み込みのバイトがしたい」
「ゲストハウスなんてよさそうだな」

 

東京のゲストハウスで住み込みながらバイトをしたいという人が増えています。

 

しかしゲストハウスに住み込むのであれば、なにか目的を持って働かないと惰性でだらだらと過ごしてしまう可能性が高く、バイトといっても大きく稼げないことがほとんどです。

 

この記事ではIZA江ノ島ゲストハウスというところで1年半支配人を勤めていた僕の視点から、「東京で住み込みながらバイトするのにゲストハウスが適しているか?」について書いているので、少しでもあなたの参考になれば幸いです。

おすすめオンライン英会話24選【目的別まとめ】

【住み込みバイトの目的をはっきりさせる】

missionと書かれたノートを持つ女性

 

東京に限らず、ゲストハウスで住み込みのバイトをする場合は、なにか目的があったほうが圧倒的に有意義な時間になります。

 

例えば!

・将来、自分でゲストハウスをやりたい
ゲストハウス経営に失敗しないための5つの秘策とは?

・世界中から来る外国人ゲストさんと友達になりたい

・語学力に磨きをかけたい

・東京に住むための下見

 

燃え尽き症候群などを解消するために、気分転換でゲストハウスの住み込みのバイトを選ぶのはいいと思いますが、それもある程度の期間を決めてやらないと、次の行動をずるずると先延ばしにすることになってしまいます。

燃え尽き症候群の克服法とは?

 

僕が働いていたゲストハウスにも、漠然と住み込みにきて最初の1ヶ月は楽しそうにしていたけど、だんだんと自分がなんのために住み込みをしているのかがわからなくなり、結局地元に帰ってしまったという人が何人もいました。

 

【住み込みバイトは思っているよりきつい】

男性が頭を抱えている

 

ゲストハウスに泊まったことがある人は、色んな人と交流ができるその楽しい雰囲気に憧れて住み込みのバイトを選ぶと思います。
僕のそのうちのひとりでした。

 

しかしゲストハウスで働くというのは、思ったよりも地味な作業が多いです。

 

業務の例!

・朝早くからの朝食準備

・毎日のベッドメイキングや清掃業務

・パソコンと向き合って予約管理やメール処理

・チェックイン待ちの時間

 

なんとなくの住み込みバイトだと、そもそもモチベーションが保てないうえ、さらに以下の理由ですぐ嫌になってしまうかもしれません。

 

【住み込みのバイトはプライベートがない】

本が舞っているベッドの上で女性が頭を振っている

 

僕は8ヶ月間、ゲストハウスの狭いスタッフルームで住み込みをしていましたが、これがなによりもきつかったです。

 

元々バックパッカーで世界一周ひとり旅をしながら世界中のゲストハウスに泊まってきたので、ドミトリー(相部屋)での寝泊まりには慣れているほうですが、僕が住み込みをしていたゲストハウスは2畳程しか自分のスペースがありませんでした。

 

窓もない屋根裏部屋の狭いスペースで8ヶ月間の寝泊まり。

 

もちろんそんなスタッフルームにずっといれる精神力はないので、勤務時間外でも共用のラウンジに降りるのですが、ひとりでのんびり本を読みたいときでも、スタッフやゲストさんがいると自然と会話が始まってしまいます。

 

それはそれで楽しいのですが、ゲストハウス内にプライベートの時間がないのが続くと、精神的にきついと感じて、身も心もどんどん疲弊してしまいます。

 

そしてそのまま辞めていく、、、という住み込みのスタッフもやはり多かったです。

 

【清掃業務はきついの?】

女性がバスタオルを運んでいる

 

ゲストハウスの清掃業務は主に、

 

・ベッドメイキング

・水回り、客室の掃除

 

がメインとなります。

 

ゲストハウスの規模にもよりますが、僕が働いていたゲストハウスにはドミトリー(相部屋)を含めて9部屋24ベッド、トイレ4ヶ所、シャワー3ヶ所の清掃業務がありました。

 

中でもベッドメイキングはかなりの力仕事で、ただのシーツの張替えだと思っていると痛い目を見ます。

 

また、基本的にはスタッフ2人体制で清掃をするのですが、欠員が出るとひとりで清掃業務をチェックイン時間までに終わらせなければなりません。

 

僕は人手不足の時期に2ヶ月で7キロ痩せ、死ぬほど頑張ったのにあだ名が「ゾンビ」になりました。

 

【ゲストさんとの交流は楽しいことばかり?】

女性が部屋で体育座りをしている

 

ゲストさんとの交流はゲストハウスの仕事の醍醐味ですが、実はその土地によって客層がガラリと変わります。

 

僕が働いていたIZA江ノ島ゲストハウスは、江ノ島と海が徒歩圏内の湘南エリアにあり、鎌倉へも電車で20分ちょいなので、夏は観光客で大いに賑わいます。

 

特に多かったのが、

・20歳前後の若い女性グループやカップル

・アジア系の外国人観光客

だったので、すぐに仲良くなれて一緒にラウンジでお酒を飲んだりしながら楽しく交流ができました。

 

ところが東京のゲストハウスはどうか聞いてみると、

「ほとんど外国人観光客かビジネスマン」

だそうです。

 

「ゲストさんと仲良くなって毎日わいわいしたい!」と期待している人は、東京のゲストハウスで住み込みのバイトをすると「思ってたのと違う、、?」となってしまうかもしれません。

 

【よくあるクレーム】

 

僕の経験上、日本ではまだまだゲストハウスの知名度は低く、

 

「ゲストハウス=安いホテル」

 

という感覚で泊まりに来るビジネスマンが多かったです。

 

東京のゲストハウスで働いている友達に聞いてみると、東京では特にそのイメージを持ったゲストさんが多いらしく、

 

・タオルレンタルが有料

・部屋にテレビがない

・シャワー、トイレが共用だと思わなかった

 

などのクレームが後を絶たないと言っていました。

 

江ノ島のゲストハウスで働いていたときもたまにクレームがありましたが、若いゲストさんが多いおかげか、「ゲストハウスってそんな感じなんだ!面白い!」って受け入れてくれていたので、この辺も東京のゲストハウスは多少シビアですね。

 

【住み込みバイトはそんなに稼げない?】

手のひらに小銭を重ねている

 

僕の経験上、ゲストハウスの住み込みバイトはあまり稼げません。

 

たしかに住み込みのバイトなので、家賃、食費、光熱費が無料なゲストハウスが多く、東京では時給1000円以上の求人もありますが、勤務時間がそこまで長くないのです。

 

住み込みのバイトは主に清掃業務にまわされ、チェックインなどの業務は社員がやるという風に線引されているゲストハウスもあり、2〜3時間の清掃が終わったら少し雑務をこなして終了。

 

なんてこともザラです。

 

人件費を削減しないといけない経営側の気持ちもわかりますが、これではいくら時給の高い東京のゲストハウスで住み込みのバイトをしたところで、結局ほかのバイトをかけもちする羽目になります。

 

【住み込みバイトの注意点】

髭を生やした男性が驚いている

 

さらに、「家賃、食費、光熱費が無料の代わりに無給で数時間のバイトをしてください」というゲストハウスもあります。

 

ゲストハウスの住み込みのバイトはそんな条件のところが多く、その理由は、そもそもがっつり稼ぐのが目的ではなく、その土地への移住体験を求めている旅人のニーズに合わせて作られたシステムだからです。

 

僕が働いていたゲストハウスも、まさにそのシステムで住み込みのバイトを受け入れていました。

 

しかし収入がゼロだとさすがに厳しいので、ゲストハウスでの日々の業務をこなし、終わったら近くのお店でバイトをせざるを得ないというきついスケジュールを続けて、疲弊してしまうスタッフばかり。

 

会社の方針なので仕方がないと言ってしまえばそれまでですが、見ているのが心苦しくて申し訳なかったので、あまり人にはおすすめしません。

 

【東京で稼げる住み込みのバイトを探すなら?】

Image result for リゾートバイト.com

 

もしもあなたが、東京で住み込みながらがっつり稼ぎたいのであれば、ゲストハウスのバイトよりも【リゾートバイト】をおすすめします。

 

リゾートバイトとは?
・沖縄、温泉街、スキー場など、人気のリゾート地に住み込める
・住み込みに来た日本中の人と友達になれる
・基本的に寮費、食費、水道光熱費が無料
・高時給のバイトが多いので、案件次第では3ヶ月で100万貯金も可能
・スキー場ではリフト券、 温泉地では温泉無料など、場所によって特典付き

 

リゾートバイトというと、沖縄や温泉街などの観光地だけかと思いますが、探してみると東京にもあるのです。

 

リゾートバイトなら東京で家賃と光熱費ゼロの住み込みのバイトができるうえ、月に20万円以上が貯金できるような高時給の案件も。

 

また、各都道府県からきた様々な人と友だちになれるので、ゲストハウスのような交流も楽しみつつ、案件によっては個室に住むことが可能です。

 

「外国人を相手に接客のバイトがしたい」というあなたも、いい案件探しのプロが担当となって、細かい条件まで親身に希望を聞いてくれるので安心安全。

 

この記事では、数あるリゾートバイト会社の中でも「No1の高時給」の大手、【リゾートバイト.com】をおすすめします。

 

遠方にいても無料でメール相談ができるので、詳しくは【リゾートバイト.com】のホームページを参考にしていただけると幸いです。

無料メール相談はこちらから⬇

 

【東京に移住を考えているなら?】

Image result for tokyo dive 評判

 

あなたが東京への移住を考えているのであれば、非常にお得で楽に家と仕事が両方手に入る【Tokyo Dive】がおすすめです。

 

Tokyo Diveとは?

・引越しに必要な「敷金」「礼金」「仲介手数料」が一切不要
・家具や家電もついているので初期費用を30〜60万程抑えられる
・一人暮らしとシェアハウスから選べる

・様々な働き方の仕事も探してもらえる
・定期的に無料の交流会があるので、友達ができる

・厚生労働省から認可を受けている企業のサービスだから安全性が抜群

 

さらに定期的に行われる参加費無料の「Tokyo Dive交流会」で友達が作れるうえ、シェアハウスにも住めるので、ゲストハウスのような交流を求めているあなたにもぴったりです!

 

ホームページから無料でメール相談が可能なので、家や仕事のことを気軽にプロに相談してみましょう。
60秒ほどで完了する簡単な作業ですが、その60秒があなたの人生を大きく変えるきっかけになるはずです。

【Tokyo Dive】の詳細とは?

 

【東京のゲストハウスで住み込みバイト まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

・ゲストハウスの住み込みバイトは意外に大変
・東京のゲストハウスだと交流が少ないとこも
・基本的に住み込みバイトだけでは稼げない
・住み込みバイトで月20万貯金するならリゾートバイト
・東京に家と仕事がほしいならTokyo Dive

 

ゲストハウスの住み込みバイトはとても楽しいですが、強いゲストハウス愛がなければ、すぐに心が折れてしまうかもしれませんね。


ゲストハウス住み込みバイトのメリットとデメリット
についても体験談をまとめているので、併せて読んでいただけると嬉しいです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。webメディア【湘南ガーデン】編集&取材ライター。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。