チャンネル登録してくれたら嬉しいです!

【英語が上達しない?】フィリピン留学でやるべき自習の大切さ【半年経験談】

少年が海辺で読書をしている

 

「友達がフィリピン留学は失敗って言ってた」
「フィリピン留学は英語が上達しないってほんと?」

 

結論から言うと、フィリピン留学で英語が上達しないのは、その人の勉強法に問題があります。

 

と言い切れるくらい、フィリピン留学は特に英語初心者が勉強するには最適な環境なのです。

 

この記事では、英語力ゼロの状態から半年間フィリピンに留学していた僕が、授業以外に絶対にやらなければいけない「自習」の重要性について紹介します。

 

【フィリピン留学成功の鍵は自習】

英語初心者

 

英語に限らず、言語学習は繰り返し勉強することで徐々に定着していきます。

 

特に英語学習を始めたばかりの人は、地道な反復作業が必須です。
僕は完全に英語力がゼロの初心者だったので、フィリピン留学中は人より早く起きて単語を覚え、人よりも遅くまで起きて復習を繰り返していました。

 

辛くて何回も心が折れましたが、それ以外に効果的な学習方法はあまりないように思えたからです。

 

文法や単語の基礎が完璧な人であれば、会話を繰り返すことで少しずつ上達していきますが、その土台ができていないうちにいくら会話に力を入れても、それは付け焼き刃にすぎません。すぐに忘れます。

 

具体的にどんな方法で自習したのかを紹介しますが、簡単な方法ばかりなので、ぜひ試してみてください。

 

【半年間のフィリピン留学の自習1 文法の授業の復習】

本を読んでいる女性

 

授業でやった内容のうち、「これは完璧」と自信を持って言えるもの以外は、その日のうちに復習しましょう。

 

・授業中にわからなかった部分に印をつけておく
・授業が終わったあと、改めてわからなかった部分を調べる
・それでもわからない場合は、文法が得意なほかの生徒に教えてもらう
・次の日、先生かほかの生徒に説明できるか試してみる

 

誰かに説明できるくらいまで落とし込めれば、あとは定期的に復習をする感じでいいかと。

 

「留学中は絶対に日本人と絡まない」という考えの人もいますが、それ自体は素晴らしいと思います。

 

ですが、それはある程度英語力の基礎がついてからにすることをおすすめします。

 

なぜなら英語初心者であればあるほど、最初に気合いを入れすぎると心が折れやすいからです。

 

英語学習は短距離走ではなく長距離走なので、短期間で詰め込むとバテてしまいます。

 

あと単純に、文法の説明は日本語で聞いたほうが圧倒的にわかりやすいです。
なので、「まずは文法の基礎をしっかり固めて、それから英語を話しまくってやる」くらいの気持ちでやってみましょう。

 

 

【半年間のフィリピン留学の自習2 ユメタンで英単語を繰り返す】

紙に記入をしている

 

英単語も非常に重要で、自分の中の単語数を増やしていかないと、いつまで経っても会話力は上達しません。

 

英単語を覚える方法はシンプルで、「真剣に繰り返す」だけです。

 

1時間だらだら英単語を繰り返すより、真剣に10分間英単語を覚える機会を1日のうちに何回か作ったほうが、効果的です。

 

僕のおすすめは「ユメタン」という参考書で、CDを使いながら脳科学に基づいた記憶法で英単語を定着させます。

 

単語帳は何冊も用意するのではなく、1冊を繰り返し使い、「もう完璧」というところまできたら1段階レベルの高い単語帳に変えるほうがいいです。

 

そういった意味でも、ユメタンはシリーズごとにレベルが分かれているので、使いやすいです。

 

 

【半年間のフィリピン留学の自習3 海外ドラマ「フレンズ」からフレーズを学ぶ】

初心者英語

 

中学レベルの文法と英単語が定着したら、英会話のフレーズをそのまま記憶してしまうのも効果的です。

 

本屋さんに行くと、「便利な英会話フレーズ集」みたいなものが売っているので、それを買ってみるのもいいですが、僕のおすすめは「日常生活が題材の海外ドラマ」です。

 

中でも「フレンズ」という海外ドラマは、日常で使える便利なフレーズがばんばん出てくるので、繰り返し観て覚えればそのまま普段の会話でも使えます。

 

映画と違って1話が30分ほどで終わるので、毎日寝る前の日課にするなど習慣化するとより効果的ですよ。

 

僕はこの方法で日常英会話がかなり上達しました。

 

【半年間のフィリピン留学の自習4 洋楽をリスニング教材に】

スマホとイヤフォン

 

参考書を使うことに疲れたり、海外ドラマに飽きてしまったら、「洋楽」で勉強をしてみましょう。

 

ただ聴き流しているだけでは覚えるのは難しいので、お気に入りの洋楽の歌詞をノートに書いて、どんな単語、フレーズが使われているのかを確認して、歌詞を眺めながら歌を口ずさんでみましょう。

 

歌詞を見なくても口ずさめるようになってきたら、それも習慣化しましょう。

 

いままでは息抜きでなんとなく聴いていた洋楽が、立派なリスニング教材に生まれ変わりますよ。

 

 

【半年間のフィリピン留学の自習5 英語で日記をつけてみる】

カフェで勉強をしている

 

普段から日本語で日記をつけている人は、試しに留学期間だけでも英語に変えてみましょう。

 

最初は慣れないから大変だとは思いますが、頭の中を整理できるうえ、英語も身につくので一石二鳥です。

 

わからない部分は翌日先生に聞いて添削をしてもらいましょう。

 

習慣化すれば帰国後も続けられるので、留学が終わっても毎日自然と英語に触れることができます。

 

日本にいながら添削をしてほしい場合は、「オンライン英会話」が便利です。

 

格安で、場所と時間に縛られずに添削がしてもらえるうえ、英会話もできてしまうので、メリットしかありませんね。

併せて読んでほしい
初心者向けオンライン英会話13選

 

【フィリピン留学はあくまでスタート地点】

男性がジャンプしている

 

この記事で紹介したのは、あくまでも昔の僕みたいに英語力が完全にゼロの人向けです。

 

ある程度英語ができるようになってくると、自分なりのやりかたを見つけたり、向き不向きもわかってくると思うので、そしたら自己流で色々試してみましょう。

 

英語学習には正解はありませんが、ただひとつ言えるのは「継続」が絶対に必要だということ。

 

どれだけ簡単に覚えられる勉強法があるとしても、継続しなければすぐに忘れしまいます。

 

留学はとても楽しいです。

 

しかし本気で英語を身につけたいなら、どのように毎日を過ごすべきかをしっかりと考えましょう。

 

いまは英語力が完全にゼロでも、

 

・授業が終わってからも自習を続ける人
・授業が終わったら遊びに行ってしまう人

 

では、3ヶ月後にはとんでもない差が生まれます。

 

「留学の先に自分は何がしたいのか?」

 

自問自答して、より有意義な時間にしましょう。

 

【フィリピン留学に重要な復習について まとめ】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

・文法はわかる人に素直に聞いてみる
・英単語は真剣に繰り返す
・海外ドラマからフレーズを学ぶ
・お気に入りの洋楽をリスニング教材に

 

授業でやったことはすぐに忘れてしまいます。

 

それはすぐ忘れるような授業をする先生が悪いのではなく、しっかりと復習をしなかった自分の落ち度です。

 

少しずつでいいので、しっかり自習をして、留学生活を成功させましょう。

 

僕が実際に半年間通っていたフィリピンのMMBSという語学学校は英語初心者向けに文法に特化した「スペシャルグラマーコース」というのがあり、非常におすすめです。

 

MMBSについての記事も書いているので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。


チャンネル登録してくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA