【ひとり旅】勇気ではなく、好奇心が1番大切です【海外】

女性がベンチに座って飲み物を飲んでいる

 

「ひとり旅に行きたい」
「けど勇気がない、、特に海外は不安」

 

国内、海外に関わらず、ひとり旅に勇気は必要なく、代わりに必要なのは好奇心です。

 

この記事では、フィリピン留学、ワーホリでカナダ、世界一周の経験がある僕が、その理由をわかりやすく解説します。

 

記事を読み終わったら、ひとり旅に行くための準備が完了するはずですよ。

 

【ひとり旅に勇気が必要ない理由】

 

 

「ひとり旅に行きたいけど、勇気がない、、」と言う人は、自分には無理だと決めつけて準備すらしませんが、それは非常にもったいないです。

 

なぜなら「ひとり旅に行きたい」と思った時点で、ひとり旅に行くための条件をほぼ満たしているからです。

 

その条件とは、「好奇心」です。

 

僕たちは本当に恵まれた時代に生きていて、スマホから航空券やホテルなど、ひとり旅に必要なものが全て揃ってしまいます。

 

スマホから航空券やホテルを予約するのはただの作業なので、勇気はいりませんよね?

 

「ひとり旅に行きたい」という気持ちも、勇気ではなく好奇心からくるものです。

 

なので、

 

ひとり旅に必要なモノ

スマホで航空券やホテルを予約(誰でもできる単純作業)

「ひとり旅に行きたい」という気持ち(勇気ではなく好奇心)

 

この2つがクリアできれば、あとは空港に行って飛行機に目的地まで運んでもらうだけ。

 

勇気が必要な場面ありますか?

 

【勇気はなくても、誰でも好奇心を持っている】

 

とはいえ、僕自身もひとり旅や海外に行く前は「ひとり旅=勇気が必要」という方程式が頭のなかにあったので、行動に移すまでに時間がかかってしまいました。

 

しかし実際にひとり旅に出てみると、国内海外を問わず、勇気を必要とする場面はあまりないことに気づきます。

 

上記のツイートの通り、準備は恐ろしく簡単です。
個人的には作業1割、好奇心9割かと。

 

「あとは勇気さえあれば、、!」と思っている人は、まず航空券を買ってしまいましょう。

 

そうすれば行かざるを得ない状況をつくれるので、あとは勝手に好奇心が導いてくれますよ。

 

【ひとり旅は勇気ではなく、いつでも好奇心から始まる】

湖をカヌーで渡る女性

 

ONE PIECEの主人公であるルフィを見て、「ひとりで海に出ちゃうなんて勇気あるな〜」と思う人がいるかもしれませんが、ルフィもまた好奇心に突き動かされています。

 

ルフィ

この海の先にどんなことが待っているんだろう?(好奇心)

海賊王になりたい!仲間もほしいなあ!(夢や目標)

 

勇気は必要ないですね。
では、これを現実世界のひとり旅に置き換えてみましょう

 

ひとり旅

ひとり旅をしてみたいなあ(好奇心)

南米に行って、ウユニ塩湖を見たい!(夢や目標)

 

やはり勇気という概念は、ひとり旅には必要ないみたいですね。

 

【ひとり旅の憧れ、ウユニ塩湖とは?】

ウユニ塩湖 ボリビア

 

ウユニ塩湖は南米のボリビアにある大人気な観光地です。

 

僕は初めての海外ひとり旅で訪れましたが、涙がでるほど美しかったです。

 

 

【海外ひとり旅のよくない好奇心】

鼻からタバコの煙を出す男

 

しかし旅をしていると、この好奇心が良くない方向に向くことがあります。

 

よくない好奇心
・海外に慣れてきたし夜遊びしようかな
・旅人っぽく野宿とかヒッチハイクしようかな
・治安の悪い地域に行ってみたい

 

絶対にダメとは言いませんが、これらにはリスクが伴います。

 

【海外ひとり旅あるある1 夜遊び】

 

海外に慣れてくると、日本と同様の行動をしがちです。

 

日本は女性がひとりで夜道を歩いても大丈夫な国ですが、ここまで治安がいい国は世界的に見ても珍しいです。

 

「海外の夜遊びってどんな感じだろう?」という好奇心でクラブなどに行き、酔っ払って喧嘩したり、浮かれて荷物を盗まれたり、ぼったくられたりするケースはよくあります。

 

夜遊びすることは全然いいと思いますが、あくまでも海外に来ているという意識を忘れずに楽しみましょう。

 

【海外ひとり旅あるある2 野宿やヒッチハイク】

 

「ヒッチハイクでヨーロッパを周った」、「ビーチで野宿した」という旅人の話を聞くと少し憧れを持つかもしれません。

 

ですが、そういう人たちは「運良く」何事もなかっただけです。

 

ヒッチハイク
ヒッチハイクをしたら目的地とぜんぜん違う方向に連れてかれ、現金と貴重品をすべて奪われて置き去りにされた。

 

野宿
野宿をしていたら強盗に銃を突きつけられ、荷物を全部取られた。

 

運が悪いとこんな事件に巻き込まれてしまう可能性も大いにあるので、好奇心に身を任せず、本当にしなきゃいけないのかよく自問自答しましょう。

 

【海外ひとり旅あるある3 治安の悪い地域に行きたがる】

 

長い間ひとり旅で海外を周っていると、普通の旅じゃ刺激が足りなくなってきます。

 

そんなときに、「ちょっと治安の悪い地域に行ってみようかな?」という好奇心が浮かぶのですが、これは絶対にNGです。

 

日本の治安が悪いと、海外の治安が悪いではレベルが違いすぎます。

 

国と地域によっては人を殺すことになにも感情がないどころか、「部外者は殺さなきゃいけない」という暗黙のルールに縛られているところすらあります。

 

なので、怖いもの見たさの好奇心で行動したい気持ちはわかりますが、「治安が悪い地域に行く」という衝動はグッと堪え、安全なひとり旅を心がけましょう。

 

ひとり旅のゴールは観光ではなく、無事に帰国することです。

 

【ひとり旅に対する好奇心があるのは幸せ】

女性が夕日を見ながら本を開いている

 

「ひとり旅に行きたい」

 

海外でも国内でも、好奇心がそう叫んだなら、その気持ちは実際に行かない限り消すことはできません。

 

じゃあどうすればいいか?

 

ひとり旅に行けばいいのです。
答えは簡単で、それ以外に解決法はありません。

 

お金の問題があるでしょう、仕事の休みが取れないという事情もありますよね。
だけど自分の好奇心が「行きたい」と叫んでいるのなら、それは幸運の証拠なんです。

 

なぜなら、いまの世の中は「やりたいことがない」ということに悩み、苦しんでいる人が本当に多いから。

 

好奇心は可能性です。

 

素直に好奇心に従えば従うほど、世界がどんどん広がって、選択肢も増えていきます。

 

好奇心の先に、あなたが人生を賭けてもいいと思えるようなやりたい仕事が見つかるかもしれません。
そのやりたい仕事の先に、十分なお金がついてくるかもしれません。

 

好奇心に従ってください。

 

それだけが、あなたが自分の人生を歩める唯一の方法です。

 

【ひとり旅に行くお金がないよ、、】

 

ひとり旅の資金は短期間で一気に貯めたほうがいいです。
「やっぱりひとり旅はやめたほうがいいかな、、」というネガティブな気持ちは強力なので。

 

僕が1年3ヶ月で340万円を貯めた方法を記事にしているので、ぜひ参考にしてみてください⬇

 

 

【ひとり旅に行きたいけど仕事が、、】

 

いまの仕事に不満がある場合は、思い切って辞めてから存分にひとり旅を楽しみましょう。

 

仕事を辞めるにはたしかに勇気が必要ですが、LINEをするだけでプロの業者が代わりに退職手続きをしてくれる「退職代行」というサービスが人気になっています。

 

わかりやすく記事にまとめているので、仕事を辞めようか悩んでいるあなたは必読です。

 

併せて読みたい
【すぐに仕事辞めたい】勇気がないなら「退職代行」をしよう【LINEで辞めれます】

 

【ひとり旅は初めてだからどうすればいいの、、?】

 

「ひとり旅に行きたい」という好奇心があるなら、もう旅は目の前です。

 

海外ひとり旅に必要な準備と手順を、ひとり旅初めての人にもわかりやすく記事に詰め込んだので、この記事の通りに動けばあとは空港に行くだけでひとり旅ができますよ。

 

 

【海外ひとり旅に勇気はいらない まとめ】

男性がこちらを振り返っている

 

・勇気ではなく好奇心が大事
・好奇心があればひとり旅の準備は9割OK
・ほかの準備はほぼスマホで完結
・危ない好奇心もあります
・好奇心に従うことが人生を豊かにする

 

いままで「ひとり旅には勇気が必要」だと思っていた人はすぐには受け入れられないかもしれませんが、ひとり旅に勇気は一切いりません。

 

たった一度の人生。

 

自分の好奇心を信じて歩かないのは、他人の人生を歩んでしまっている証拠です。

 

もう一度自分の好奇心に耳を傾けて、あなただけの旅に出ましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖🔖フリーで執筆、写真、動画編集🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。