【初対面の苦手を克服】最初の5秒が人生を左右します【会話】

女の子が恥ずかしそうに顔を手で覆っている

 

「初対面が苦手、、」
「会話が思い浮かばない、、」

 

友達とは普通に話せるのに、初対面の人との会話が苦手なのは悔しいですよね?

 

実は僕も初対面の人との会話は緊張するので苦手なのですが、初対面の5秒が人生を左右するほど重要だということに気づいたので、克服するための最強の方法を3つ紹介します。

 

この記事を読めば初対面が苦手な人でも、「なにか会話しなきゃ、、」と焦ることがなくなりますよ。

 

【初対面が苦手でも、笑顔だけは忘れずに】

女性が笑顔で立っている

 

結論から言うと、初対面の会話が苦手な人の第一ステップとしては「笑顔」の練習をすればおっけーです。

 

心理学の話になりますが、「初頭効果」はご存知ですか?

 

初頭効果とは?
会った時に初めて受けたイメージや情報が、相手に対する印象や評価に最も強く影響するというのを初頭効果と言います。

 

一言で説明すると、「第一印象があなたのイメージを決めてしまう」のです。

 

第一印象には服装や清潔感も含まれますが、相手の警戒を解いて良いイメージを感じてもらうには、相手の目をしっかり見て、笑顔で「初めまして!」と挨拶するだけで効果てきめんです。

 

僕は初対面の人との会話は苦手ですが、意識して「笑顔」だけは忘れないようにしていますが、「最初に会ったとき笑顔だったから緊張しなかったよ」と、必ず言ってもらえます。

 

「笑顔」なら鏡の前で練習できるし、いまこの瞬間から取り入れることが可能ですね。

 

【初対面が苦手なら会話の聞き役になる】

橋のフチに男女が座っている

 

「第一印象の大切さはわかったけど、そのあとの会話が続かない、、」

 

初対面が苦手な人は、「なにかおもしろい話をしなきゃ、、」と焦ってしまい、無理やりギャグなどをぶっこんで地獄のようなスベリ方をしたりします。

 

大丈夫、焦って無理に話す必要はありません。

 

「聞き役」に徹してください。

 

難しいことを考える必要はなく、しっかりと相手の目を見ながら話を聞いて、相槌やリアクションを取ればおっけーです。

 

【相槌やリアクションのコツ】

 

相槌
相手の会話の間に「うんうん」、「そうなんだね」、「わかるよ」、という風に、短い相槌を入れるだけでも、「ちゃんと話を聞いてくれてるし、共感もしてくれてる!」という安心感に繋がります。

 

リアクション
驚いたときは目を見開いて、「へぇ〜!そうなんだ!」というように、表情や声のトーンを意識しましょう。あまり大げさにやってしまうと、「出川かよ」と言われてしまうので注意。

 

「この人話しやすいな」と思ってもらえたら、あとは相手がどんどん話してくれるので、慣れてきたらこちらからも少し話してみましょう。

 

帰る頃には、お互いマシンガントークで盛り上がるくらいになっているかもしれません。

 

【初対面が苦手なら質問力を鍛える】

2人の女性がブランコに乗りながら話している

 

「相槌やリアクションの大切さもわかったけど、相手もあまり話してくれない、、」

 

そんな場合は、頑張って盛り上げようとしてどうでもいい話をたくさん話す、、、ことは避けましょう。

 

「会話がつまらないのによく話すやつ」というレッテルを貼られてしまったら、もう2人で会ってくれることはなくなります。

 

どうでもいい話よりも、質問しましょう。

 

ビジネスとか、専門的な質問をする必要はありません。

 

コツとしては、なるべく相手が食いつきそうな質問を考えることです。

 

【質問のコツと例】

 

とはいえ、初対面の相手が食いつきそうな質問がわかれば苦労はしませんよね。

 

そんなときは、「相手を褒める+質問」という組み合わせを使いましょう。

 

例えば!デート編
1、「その服似合ってるね、どこで買ったの?」

2、「その髪型すごい好き!前髪あげたりしないの?」

3、「カバンかわいいね、重くない?」

 

デートで使えそうなやつを適当に3つ挙げましたが、雰囲気は伝わりましたか?

 

質問自体は普通ですが、その前に相手を褒めることによって伝わり方も違ってくることがわかると思います。

 

【質問の意図】

 

上記の3つの質問に対する解説です。

 

質問1
1は初対面が苦手でもハードルが低く、誰でも使えます。

 

質問2
2は初対面が苦手だと少しハードルが高いかもですが、相手の答えに対して、「じゃあ次会うときはその髪型で来てね!」なんて冗談ぽく次のデートに誘うこともできます。

 

質問3
3は質問という感じではありませんが、「重かったら持つから言ってね?」と、カバンを褒めつつ優しい一面をアピールできます。

 

こんな感じでただ質問するのではなく、少し工夫するだけで同じ質問でも相手に与える印象が大きく変わるので、初対面の苦手を克服する一歩として、ぜひ使ってみてください。

 

 

え?チャラいって?

 

 

やかましいわ。

 

【初対面の苦手を克服したいのはあなただけじゃない】

女性が楽しそうに会話をしている

 

初対面が苦手なのは、あなただけではありません。

 

僕自身も本当に苦手で、「初対面のときは不気味なくらいしゃべらなかったよね?」と、仲良くなってから言われることもあるくらいです。

 

初対面なのに自分からガツガツ話せる人を見て、「いいな〜」と思うこともありましたが、初対面が苦手なのも「個性」です。

 

たしかに初対面の印象が良いと得することが多いのは事実ですが、「初対面が苦手だと損ばっかり、、、」かというと、意外にそうとも限りません。

 

【「初対面が苦手」は強みに変えて克服できる】

犬がメガネと鼻をつけている

 

なぜかというと、「ギャップ」を生み出せるからです。

 

「無口で怖そうだったけど、話してみると優しかった」
「暗い人だと思ってたけど、話したらすごい面白かった」

 

そんなことを感じた経験はありませんか?

 

僕自身、「こんな人だと思わなかった」と、初対面の印象とのギャップに必ず驚かれます。
もちろんいい意味での驚きです。

 

「初対面が苦手」でも、「ギャップ」で挽回できます。

 

なので、初対面の苦手意識をうまく利用して、自分の強みに変えてしまいましょう。

 

【初対面の苦手意識が克服できる場所とは?】

8人の男女が肩を組んでいる

 

いきなり初対面の苦手を克服するのは難しいですが、徐々に慣れていけば確実に変わっていきます。

 

人生は人との出会いで大きく変わっていくので、初対面の苦手意識を克服してたくさんの人と出会えば、それだけ人生を変えるチャンスを拾えるということになります。

 

僕は「なによりも初対面が苦手だった」にも関わらず、勇気を出して石垣島へひとり旅に行き、ゲストハウスに8泊もしました。

 

それまでは「初対面が苦手だから、、」と人との出会いを避けて生きていました。

 

しかしゲストハウスに泊まったことで、「人との出会いの楽しさと大切さ」に気付かされ、それがいまの人生に大きく影響しているし、一生の財産だと自信を持って言えます。

 

ゲストの入れ替わりが激しく、毎日が初対面だったので緊張で吐きそうになりましたが、何日かすると慣れてきて色々な人と交流ができるので、初対面の苦手意識を克服したい人にゲストハウスはおすすめです。

 

 

【初対面の苦手意識を克服するための本】

 

「予備知識として、初対面の苦手意識を克服できるおすすめの本が読みたい」というあなたは、「心理学超入門」という本を読んでみてください。

 

恋愛、友人、ビジネスなど、日常のあらゆる場面に使えるうえ、誰でも明日から使えるような簡単で効果抜群のテクニックが多く紹介されています。

 

この記事の最初の方に出てきた「初頭効果」もそのうちのひとつです。

 

個人的には「マンガ版」がわかりやすくておすすめなので、初対面の苦手意識を克服したいあなたは、下記のリンクから購入してみてくださいね。

 

【初対面の苦手意識は確実に克服できる】

英語初心者

 

「初対面は苦手だから、、」といって諦めてしまうことは簡単ですが、意識して克服しようとすれば、確実によくなります。

 

僕はいまだに「初対面は苦手、、」と感じてしまいますが、克服しようと努力を始めてから圧倒的に変化しました。

 

すると自然に素敵な出会いが集まってきて、「もっとたくさんの人と話してみたい」という好奇心が、さらに初対面の苦手意識克服を助けてくれます。

 

あなたが変わろうとすると、必ず良い循環がうまれます。

 

まずは笑顔の練習や、本で知識を得るなど、部屋にいながら簡単にできることからでいいので、少しずつ自分を変える努力をしてみましょう。

 

そうすれば未来は明るいですよ。

 

【初対面の苦手を克服する方法 まとめ】

男性がこちらを振り返っている

 

・笑顔が1番の武器
・聞き役になる
・褒めながら質問をする
・ギャップは強みにできる
・ゲストハウスで初対面の苦手意識を克服

 

初対面の苦手意識は、1度克服すればもとに戻ることはありません。

 

「自分から初対面の人に話しかけている将来の姿」を思い浮かべながら、会話を楽しんでみましょう。

 

少々粗治療ですが、初対面の苦手意識を確実に克服するには「ひとり旅」が圧倒的におすすめなので、挑戦してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖🔖フリーで執筆、写真、動画編集🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。