【やりたいことが見つからない】そんな人は存在しないと断言します【30%でOK】

子どもたちが星空を指差している

 

「やりたいことが見つからない、、」
「このままなんとなく生きてくのかな、、」

 

「やりたいことを見つける」というのは永遠のテーマのような気がしますよね?

 

断言しますが、「やりたいことが見つからない」人なんていません。

 

この記事を最後まで読めばその理由がわかって、きっと考え方が変わりますよ。

 

【やりたいことが見つからない病の現代人】

男性がスマホを操作している

 

やりたくもない仕事を月曜から金曜までなんとなくこなす。

 

上司に文句を言われ、取引先に怒られながらも、なるべく心を無にする。

 

そして金曜日の仕事が終わると、仲間を連れていつもの居酒屋へ。

 

1週間のストレスを爆発させるように、先週とほとんど変わらない内容の愚痴で盛り上がったあと、「仕事辞めたいけど、やりたいことないからな〜」と、タバコをふかす。

 

そんなルーティーンに貴重な時間を浪費している人が、数え切れないほどいます。

 

この記事を読んでいるあなたもそうかもしれません。

 

やりたいことがない?

 

果たしてそれは本当でしょうか?

 

【やりたいことは日々つぶやいている】

電車を見送る女性

 

週末が終わると、満員電車に揺られる5日間がまた始まります。

 

暗い顔した人たちに密着され、吊革につかまる必要がないくらい身動きが取れないまま電車はいつもの駅へ。

 

「はあ、満員電車での通勤がない仕事をしたいな〜」

 

そんな想いをため息と一緒に飲み込んで、電車内の広告に目をやってみる。

 

【あなたも最速で英語を話せるように!】

 

英会話教室の広告。

 

「おれも英語が話せたらもっといい仕事が見つかるのかな〜、海外にも行ってみたいなぁ」

 

駅に着くと、まるで電車が不快なものを一気に吐き出すように人が降りていき、それぞれの1日が始まっていく。

 

そんなルーティーン。

 

だけどこのサラリーマンは気づいていないのです。

 

実は毎日「やりたいこと」を心の中で唱えていることに。

 

【やりたいことを叶える手段は溢れてる】

七色のペンを持つ女性

 

あるサラリーマンの通勤を切り取りましたが、こんな毎日に当てはまる人も多いのでは?

 

だとすれば、あなたはもうすでに「やりたいことが見つかっている」可能性が高いです。

 

このサラリーマンの例をもう一度読んでみましょう。

 

「はあ、満員電車での通勤がない仕事をしたいな〜」
「おれも英語が話せたらもっといい仕事が見つかるのかな〜、海外にも行ってみたいなぁ」

 

思いっきり「やりたいこと」をつぶやいています。

 

「満員電車での通勤がない仕事」がしたいなら、在宅ワーク、田舎への移住、フリーランス、、、。

 

「英語が話せたら、、、」というのも、英会話教室、留学、ワーホリ、、、いくらでも手段はあります。

 

「なんだ!やりたいことがあったのか!じゃあ仕事辞めてくる!」

 

なんて軽快なノリな人はその勢いのまま進んでほしいですが、ほとんどの人はそうではないでしょう。

 

【仕事じゃなくて生活を想像してみる】

ベッドの上に何枚も写真が置いてある

 

「やりたいことって、もっと具体的じゃないとダメでしょ?」と言う人もいると思います。

 

「消防士になりたい」、「弁護士になりたい」みたいな感じですね。

 

でもそれは正解でもあり、間違いです。

 

具体的なイメージがあるのはもちろんいいことですが、

 

「満員電車での通勤がない仕事」
「おれも英語が話せたら、、」

 

という考えも、やりたいことを見つけるために必要なとても重要なサインです。

 

多くの人は、「やりたいことがある」か「やりたいことがない」の0か100だと勘違いしていますが、その中間にはいくらでも可能性が広がっているのです。

 

「こんな仕事がしたいな〜」というのが浮かばなくても、「こんな生活がしたいな〜」なら浮かびませんか?

 

「毎日豪遊する生活」
「田舎で半自給自足の生活」
「日本と海外を行ったり来たりの生活」

 

そんなイメージから逆算して、その生活を叶えるための仕事はどんなものがあるのかを探してみましょう。

 

それが「やりたいこと」を見つけるための大きな一歩です。

 

【やりたいことは0か100じゃなくていい】

たんぽぽと夕焼け

 

なにが言いたいかというと、「やりたいこと」は0か100じゃないということです。

 

いきなり100%のやりたいことを見つける必要はなく、まずは「30%くらい気になる」ことをやってみてください。

 

「え、これ想像してたよりも全然楽しい!」と、「30%くらい気になる」が、「60%やってみたい」に変わるかもしれません。

 

「あんまり楽しくないからやりたくないかも、、」と、30%が10%に減ることももちろんあります。

 

だけど同じ要領で、「30%くらい気になる」をまた探せばいいのです。

 

そんな試行錯誤を繰り返すうちに、あなたは行動することに対して抵抗がなくなり、どんどん「30%くらい気になる」を見つけることができるようになります。

 

そして気づいたときには、たくさんの「30%くらい気になる」の中から「100%やりたいこと」が見つかっているのです。

 

【関係のない30%が100%に繋がる】

谷底から見える星空

 

この話は妄想ではなく、僕自身の実体験からできています。

 

僕も20歳〜22歳までは、やりたくない仕事をしていました。

 

必死に「100%やりたいこと」を見つけようとしましたが、同じ通勤路、同じ仕事、同じ職場の人、同じ愚痴、、、そんな毎日から見つかるはずもなく、ストレスで入院して退職。

 

そんなどん底で、「まずは30%でもいいから、気になることをやったらなにか見つかるかも」という思いで旅に出ました。

 

その時の僕にとっての30%は「スキューバダイビング」。

 

とても楽しく、ライセンスを取ったのでいまでもたまに潜りますが、「100%やりたいこと」にはなりませんでした。

 

しかしその時に泊まっていたゲストハウスでフランス人に話しかけられ、「英語が話せたらもっと仲良くなれたんじゃ、、?」と、留学が「30%気になること」になり、実際にフィリピンへ。

 

そこからもワーホリ、世界一周、ゲストハウスで働くなど、「30%気になる」をどんどんやっていきました。

 

そしていま、「30%気になる」だったブログに挑戦して、これが「100%やりたいこと」になっています。

 

まさにたくさんの「30%気になる」をやってみた結果、「100%やりたいこと」を見つけたいい例です。

 

【やりたいことは力んでたら見つからない】

ドブロブニク クロアチア

 

最初の「スキューバダイビング」と「ブログ」の接点は一切ありません。

 

だけど「30%気になる」を繋いでいったら、いつの間にか全然関係のないところで「100%やりたいこと」が見つかっていた。

 

そんなものなんですよ、人生って。

 

「100%やりたいことを見つける!」と力んでてもダメで、「気になるからちょっとやってみるか」くらいで始めたことが人生を変えてくれたりするんです。

 

しかも「30%気になることをやってみる」というのは、練習すればするほどうまくなります。

 

つまり1度興味あることに挑戦すれば、次から何かに挑戦するときのハードルがグッと下がって、いつしかハードルという言葉すらなくなってしまうのです。

 

そうなると、この世界はとても生きやすいですよ。

 

【30%だったら誰にでも見つかる】

海外

 

いきなり「100%やりたいこと」を見つけるのは無理でも、「30%気になる」だったら誰でも見つけることができますよね。

 

これが、「やりたいことが見つからない人はいない」と断言した理由です。

 

「30%気になるも見つからない、、」というあなたも焦ることはありません。

 

この記事に出てきたサラリーマンのような生活をしていたとしても、「人生を変えるヒント」はそこらじゅうに転がっています。

 

電車内の広告、SNS、同僚の会話、定食屋さんで流れるニュース、たまたま手に取った雑誌、、、。

 

あなたがアンテナを張れば、すべてがきっかけになります。

 

だから大丈夫。

 

きっとこの記事も、あなたにとってなにかのきっかけになってくれていることを祈ります。

 

【やりたいことが見つからない まとめ】

男性がこちらを振り返っている

 

「100%やりたいこと」ではなく、「30%興味ある」をやってみる。

 

これが遠回りのように見えて、結局は最短で「やりたいこと」を見つける方法です。

 

「やりたいことが見つからない」という考えは、この記事を閉じると同時に捨ててください。

 

その考えの代わりに、「やりたいことは誰でも見つけられる」という考えをあなたに授けました。

 

あとは、やってみるだけです。

 

僕はいつでもここにいて、あなたの背中を押します。

 

まずは小さな一歩でいいから、あなただけの人生を歩いてみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖🔖フリーで執筆、写真、動画編集🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。