【身軽に生きる】なら捨てることだけを考えるべき理由

傘を広げた女性

 

「身軽に生きる」
「そのためにはなにを捨てればいいのか、、」

 

日本のストレス社会で生きていると、ふいに「すべてを捨てて身軽に生きたい」と思うことがありますよね。

 

結論から言うと、捨ててしまってもまったく問題なしです。
むしろいまより身軽に生きるなら、捨てることは必須と言えます。

 

とはいえ、なにをどう捨てるべきかわからないと思うので、身軽に生きるためにたくさんのものを捨ててきた僕が具体的な方法を紹介します。

 

【身軽に生きるってどういうこと?僕の主観】

モレーンレイク カナダ

 

「身軽に生きる」という定義は人それぞれですが、僕は「好きなときに好きな場所へ行ける」というのが身軽に生きる物理的な面だと思っています。

 

例えば!
家を購入することなく、仕事もパソコンがあればどこでもできてしまうような状態。極端な話ですが、「明日ハワイに行こう」と誘われたら実際に行けてしまうような感じ。

 

もうひとつは、「人の目や意見を気にしない」という精神的な面です。

 

例えば!
自分がやりたいと思ったら、他人になんて言われようと挑戦できるメンタル状態。「仕事を辞めたいけど周りの目が気になるし、辞めたあとどうすればいいかわからない」というのは、身軽に生きれていない例の代表かと。

 

嫌なことはサクッと辞めて、あとのことはそれから考えるという選択肢は大いにありというか、むしろその身軽さがないといまの時代を幸せに生きていくのは難しい気がします。

 

【身軽に生きるメリット】

 

・自分の人生を生きている実感が味わえる
・ポジティブな人が集まってくる
・好きなときに、好きな場所で、好きなことを

 

身軽に生きるために、いま持っているものを捨てるだけのメリットはあるのかひとつずつ見てみましょう。

 

【自分の人生を生きることができる】

 

もしあなたが「周りの目」を気にしていまの道を選んだとしたら、それは自分の人生を生きていると言えるでしょうか?

 

楽しくて後悔がなければいいとは思いますが、少しでも不満があるのであれば、それは「他人のための人生」を生きている可能性が高いです。

 

「周りの目を気にする」ということを捨てたとき、あなただけの特別な人生が始まるとしたら?

 

それはメリットを通り越して、多くの人が忘れてしまっている「なによりも大切なもの」です。

 

【ポジティブな人に囲まれる】

5人の男性が肩を組んでいる

 

身軽に生きると決めて自分の人生からやりたくないことを捨てた人は、圧倒的にポジティブです。

 

ポジティブというのは辛いことがあっても乗り越えていける重要な力で、身軽に生きるには絶対に必要な条件のひとつでもあります。

 

・会社や上司の悪口を繰り返す人
・嫌なことがあっても、前向きに解決しようとする人

 

どちらのタイプの人に囲まれるか、その環境によってあなたの人生が左右されることは間違いないです。

 

もしもいまネガティブな人に囲まれているとしたら、その環境を捨てることは身軽に生きるための大きな一歩になります。

 

【自分の好きを優先に生きれる】

 

「自分の人生を生きれる」が大きな枠だとしたら、「自分の好きを優先に生きれる」というのは目の前の小さなステップです。

 

・好きなアーティストのライブを仕事で諦めた
・友達と休みが合わずに、旅行に行けなかった
・家でDVDを観たかったのに、会社の飲み会が強制

 

身軽に生きれていない人には、上記のような経験があるはずです。

 

もちろん僕にもありました。

 

しかしこの「自分の好き」を優先させていくことで、「自分の人生を生きれる」ようになっていきます。

 

いつも嫌々参加している会社の飲み会など、捨てるべきものは記事の後半で紹介していますが、人生を「好き」で埋め尽くすことが、精神的な身軽さに繋がるのです。

 

【身軽に生きるデメリット】

線路

 

身軽に生きることのデメリットは正直ありません。

 

が、あえて挙げるなら「レールから外れる不安感」でしょうか。

 

・親に敷かれたレール
・会社に敷かれたレール
・周りの目が作り出したレール

 

周りの人と同じ道を、同じ速度で進むのは安心感がありますので、そこから外れたときの不安感は大きいです。

 

ですが、あなたが進んでいるレールの先にはなにが見えますか?

 

そこに、自分の「好き」はありますか?

 

【身軽に生きるなら捨てるべきもの】

 

・やりたくない仕事
・無駄な固定費
・意味のない飲み会
・プライド

 

身軽に生きるために捨てる必要があるものを4つ挙げたので、その理由をひとつずつ見てみましょう。

 

【やりたくない仕事を捨てる】

 

言葉で言うのは簡単ですがなかなか難しく、それでいて1番重要なことです。

 

「仕事を始めたら3年はやったほうがいい」という言葉を信じて、思考停止しながら仕事をしている人も多いと思いますが、それではダメです。

 

頭の固い大人はシカト!
仮に入社して半年くらいで嫌になったら3年我慢するんじゃなくて、半年で辞めてしまって残りの2年半は自分の「好き」を探すことに時間とお金を投資するべき。

 

それでも不安な人は、「仕事は3年続けたほうがいい」という人にその理由を聞いてみてください。

 

たぶん、「転職に有利になるから」とか答えると思いますが、そもそも転職する気ならさっさと辞めて、自分で稼げるスキルを身につけたほうが圧倒的に身軽に生きれます。

 

【無駄な固定費を捨てる】

燃えてるお札を持つ女性

 

身軽に生きるには、月々の固定費を見直すことは必須です。

 

家賃や車のローンなど、固定費のために働いていては一生身軽にはなれません。

 

とはいえ、いますぐに家賃の安い家に引っ越しするとか、車を売って通勤を自転車に変えるとかは難しいと思うので、もっと簡単なところから始めましょう。

 

例えば!
僕はスマホを格安スマホに変えることで、毎月7,000円ほどの節約に成功しました。

 

スマホを変えるだけで、毎月7,000円も自由に使えるようになったのです。

 

会社にいたら給料を7,000円あげるのはとても大変ですが、固定費を下げることで好きなことに使えるお金が増えて、より身軽になれます。

 

【スマホなし生活】1年間やってみたメリットとデメリット【持たないと不便?】の記事で格安スマホについて触れているので、無駄な固定費を削減するために読んでみてください。

 

【意味のない飲み会を捨てる】

 

これは時間とお金の両方の浪費なので、早めに捨てなければいけません。

 

特に会社の飲み会の多くはこれに当てはまり、毎週のように酔った上司の自慢話や愚痴を聞かされている人もいるでしょう。

 

もし我慢してその会社で働き続けたら、その上司の姿があなたの将来の姿です。

 

それを避けるには、無駄な飲み会を断るしかありません。

 

断る勇気がないなら、自分にこう問いかけてみましょう。

 

「自分は上司の顔色を伺うために生まれてきたのか?」

 

「NO!」という答えが出てくるなら、まだやり直せます。

 

【プライドを捨てる】

 

プライドを捨てると人の目を気にする必要がなくなるので、精神的にかなり身軽になります。

 

学歴とか肩書しか見ない大人は、そこでの優越感でしか幸福感を得られないプライドの塊みたいな人なので、出会ってもすぐに離れましょう。

 

そんな人たちと付き合っていては、身軽に生きることは永遠にできません。

 

僕は高卒の中でもかなり落ちこぼれのほうなので、そもそも「〇〇大学を卒業した!」みたいなプライドは皆無です。

 

ですので、周りの反応なんて気にせずにやりたいことに時間とお金を注げています。

 

一見マイナスなイメージに思えることでも、プライドを捨てることで強みに変えていけることを覚えておいてください。

 

【僕が身軽に生きれるようになった理由】

ウユニ塩湖 ボリビア

 

これは単純明快で、「海外に行った」からです。

 

「自分探しの旅」という言葉をやたらバカにする人もいますが、人のやりたいことを否定する時点で終わっているのでスルーしましょう。

 

僕は、

 

を経験しましたが、これらの経験がなかったら「もっと身軽に生きていいんだ!」という気づきは得られなかったと確信しています。

 

「身軽に生きる」を考えたとき、「海外に行く」ということを思いつく人が多いはず。

 

だけど、

 

「行ってどうするの?」
「帰国後の就職は?」

 

という周りの言葉で躊躇している人が大多数です。

 

そんな環境は、思い切って捨ててみましょう。

 

「身軽に生きるには、なにかを捨てる。」

 

これは必然なので、あなたの理想の生き方に合った取捨選択を。

 

 

【これからは身軽に生きる人の時代】

スーパーマンが空を飛んでいる

 

ちなみにこれからは、身軽に生きる人がより活躍する世の中になります。

 

月額料金を支払うと全国に拠点が持てるようなサービスがもっと普及して、もはや1カ所に家を借りる理由も減り、車やモノもシェアする時代が加速します。

 

「所有」から「共有」になるのです。

 

そしてそんなコミュニティには、個々のスキルを持った身軽な人たちが集まって、そこでイノベーションが起こり仕事が生まれます。

 

そうなるとダラダラと会社に勤める理由もなく、個人のスキルを身につけたほうが圧倒的に有利です。

 

1年後の理想の自分を想像して、いまあなたの手の中にあるモノを、一度見直してみてください。

 

捨てるべきモノが見えてくるはずです。

 

【身軽に生きるには捨てる まとめ】

男性がこちらを振り返っている

 

結論
やりたくない仕事や無駄な固定費はいますぐ捨てる。身軽に生きるには、得るのではなくて捨てることが重要だと覚えておきましょう。

 

「身軽に生きる」は夢物語なんかじゃありません。

 

むしろそれが誰でも達成できる時代なのです。

 

僕は「ブログ(笑)」とか言われてもプライドを捨てているので、身軽に生きるためにこれからもコツコツと続けていきます。

>>>【やりたいことが見つからない】そんな人は存在しないと断言します【30%でOK】

>>>【失敗が怖い】それは挑戦によって克服できます【小さな成功体験が大切】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖🔖フリーで執筆、写真、動画編集🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。