【ランサーズ】未経験から1ヶ月目の収入【webライター】

机の上にいろんなものが置いてある

 

「webライターになりたい」
「ランサーズって稼げるの?」

 

そんな疑問を抱えていた僕が、未経験の状態で実際に2019年の5月から1ヶ月間、「ランサーズ」でwebライターに挑戦してみた結果を紹介します。

 

webライターでフリーランスを目指したい人、フリーランスを目指す人の参考になれば幸いです。

 

【webライター未経験から1ヶ月の収入】

メモ帳とお札

 

webライター未経験からランサーズの1ヶ月目の収入は、34,073円でした。

 

27歳の月収にしては悪い意味でかなりインパクトが大きいですね、実家に住んでなかったら路上生活決定です。

 

もはや高校生のバイト代以下です、10年前の17歳のときの僕のほうが稼いでいました。

 

とはいえこれしか稼げなかったのには、いくつか思い当たることが大きな原因(言い訳)があるので、それを見てみましょう。

 

ランサーズってなに?
webライティングやデザインなどの仕事を依頼したい企業と、webライターやデザイナーなどを繋げるクラウドソーシングサービスです。

webライティングに関しては、特にスキルなどは必要なく未経験でも気軽にできるのが魅力で、しっかりやればフリーランスとして食べていくことも可能です。

 

【行動に移すスピードの遅さ】

大きな亀が歩いている

 

まずはランサーズに登録してから実際に動き出すまでに、1週間近くの時間がかかってしまったこと。

 

僕はなにか新しいことを始める瞬間は不安で不安で思考が停止するのですが、webライターへの挑戦も例に漏れずそんな感じでした。

 

GW中に始めるつもりが、GW中はただひたすら案件を眺めて、「いや、やっぱり無理かも、、」というのの繰り返し。

 

これに関しては一歩踏み出したらけっこう大丈夫になるので、今月以降は問題ないはずです。

 

【未経験webライターの僕の解決法】

 

僕はとにかく自分にできそうな案件を何件か探して、提案をしてみました。

 

提案が見送られることは多かったのですが、その中のひとつの企業が連絡をくれて、そこから初めてのお仕事に繋がったのです。

 

僕の行動の遅さの原因は、「やり方がわからなくて不安」だったこと。

 

提案が通っても通らなくても、やり方さえわかれば2回目以降はもっとスムーズにできるので、とにかくダメでもやってみることが大切です。

 

「提案ってなに?」っていう人は、以下で説明をしています。

 

【提案も未経験で時間がかかった】

パソコンとスマホを同時に操作している

 

会社に勤めているわけではないので、案件も自分で取る必要があります。

 

簡単に言うと「自分自身の営業力」が重要なのですが、これもすごい苦手な部分なのでかなり苦戦しました。

 

具体的にこんな感じ!
まずランサーズに掲載されている案件に対して「僕にはこんな実績があって、こんな記事が書けます!」という提案をします。

その提案が企業に通れば、そこから打ち合わせやテストライティングを受け、それでOKが出ればそこからお仕事開始となる流れです。

 

ひとつの案件に対して何十件という提案が集まることもあるので、その場合はその中から選定されるのですが、ここは実績のない未経験webライターには不利です。

 

【未経験webライターの僕の解決法】

 

僕は提案文の見直しをしました。

 

未経験からの場合は、実績の部分はお仕事をしないと増えていかないのでひとまず置いときます。

 

提案文の構成を練り直した結果、次第に取りたいと思った案件が取れるようになりました。

 

すると自然と実績も増えるので、さらに提案が通りやすくなるという好循環が少しずつ形になっている気がします。

 

【webライターの実績代わりになるもの】

 

僕はwebライターとしての実績はゼロでしたが、このブログ「旅のアトリエ」がポートフォリオとして役に立ってくれました。

 

ブログでseo対策を意識したライティングを多少勉強していたことが評価されたのです。

 

これからwebライターを目指す人は、ブログをやっておくとあらゆる場面で役立ってくれること間違いないので、おすすめです。

 

seo対策とは?
簡単に言うと、Googleの検索順位で上位が取れるように記事内で使うキーワードや構成を考えて、「Googleに評価される記事=想定読者の悩みを解決する記事」を書くことです。

例えば2019年6月4日現在、「ゲストハウス 経営」とGoogleで検索すると、僕の記事が1位に出てきます。

 

ほかにもセールスライティングや専門知識があると、ランサーズ内での実績がなくても案件を取れる確率がぐっと高まるので、なお良いです

>>>【文章が苦手でもOK】ブログを始める意味はあります【メリットだらけ】

 

【途中で心が折れた】

椅子の上に男性が寝転んでいる

 

普段、ブログ内では読者にエールを送るような記事をよく書きますが、僕自身ビビるくらいの豆腐メンタルです。

 

3日に1回は勝手に心が折れて思考停止します。

 

ランサーズで初めてもらった案件は、3,000字の記事の執筆でした。

 

内容にもよりますが、自分のブログなら1時間半前後で書き終えることができる文字数なのですが、緊張して半日以上かかってしまったのです。笑

 

そのときに心がポッキーのように折れてベッドにこもりました。

 

当然その後も何回も心が折れ、それはこの先も挑戦する限り続くのですが、手が止まってしまうのは時間がもったいないなと自分でも痛感しています。

 

【webライター未経験の僕の解決法】

 

ランニングを始めました。

 

心が折れると感じたら外に出てランニング。

 

これが効果絶大で、頭がスッキリして完全にリフレッシュした状態で執筆が再開できます。

 

とてもシンプルですが、たぶんこれがなによりも効果的なストレス発散になると思うので、心が折れやすい人はぜひ試してください。

 

【サボってしまう】

パラオ

 

これはもう僕の意志の弱さですが、ついついミスチルのDVDを観たりYouTubeでK-1を観たり、、、。

 

気づいたらいつの間にか寝てて、自己嫌悪に陥る負のスパイラルをつくり出すのが本当に得意なのです。

 

これはフリーランスとしては致命的なので、誰か助けてください!ドン

 

【webライター未経験の僕の解決法】

 

ホワイトボードを買ってきて、そこに1日のスケジュールを書き、終わったら消すということを始めました。

 

効果は、、、多少あります。笑

 

でも、ないときよりは確実に作業効率は上がったので、ランニングと組み合わせてモチベーションを日々一定に保てるようにしていきます。

 

カフェやコワーキングスペースでの作業が自分には向いてそうなのですが、家の近くにないのでこの辺は模索しつつ次に活かせればと思います。

 

【webライティングを始めてよかったこと】

カナダのキャンモアの近くのグラッシーレイク

 

なんでも自分でやらなきゃいけない大変さを肌で感じて、フリーランスの難しさを体感できたのは大きな収穫でした。

 

と同時に、会社にいたときの自分がいかに怠けていて、どれだけ成長が止まっていたのかを痛感しました。

 

しかしいまやっていることが形になれば、場所に縛られず働くという経験もできそうなので、楽しみも大きいです。

 

まだまだダメなところだらけですが自分なりに改善を繰り返し、2ヶ月目も頑張ってみます。

 

【webライター未経験からのランサーズ まとめ】

男性がこちらを振り返っている

 

とりあえず最大にして最難関の「最初の一歩」は踏み出せたので、あとは続けるのみ。

 

しんどいと思うことも多いですが、自分のやりたいことを目指してコツコツ頑張るので、応援してくれると嬉しいです。

 

このブログでランサーズの1ヶ月ごとの報告をしていくつもりなので、webライターを本業、副業にしたい人は、なにか協力できそうなことがあれば気軽にメールをください。

 

ランサーズと並行してブログ記事も書いていくので、引き続きよろしくお願いします。

>>>【文章力ゼロでもOK】ブログの文章力を鍛えるおすすめの本【書き方の練習、ライター】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖🔖フリーで執筆、写真、動画編集🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。