【否定しない】あなたの言葉が誰かの夢を潰しているかもしれません

「そんなの無理じゃない?」

日常でなにげなく発したその言葉が、悪気もなく誰かの可能性を奪っている可能性があります。

この記事では、

  • 夢の種は簡単に潰れてしまう
  • 否定する人の正体
  • ネガティブなことは他人にも自分にも言わない

について、なんでも肯定しすぎて「ほんと適当だよね」って言われる僕が説明します。

夢の種は簡単に潰れてしまう

夢、、まではいかなくても、なにかやりたいことを思い浮かべてみてください。

なんでもいいです。それが叶うか叶わないかを抜きにして想像してみてください。

きっと楽しかったり、嬉しかったり、幸せな気持ちになると思います。

「では、それに向かっていまこの瞬間から行動してください」

と言われたらどうでしょう?

ほとんどの人は、

  • なにをすればいいかわからない
  • 実際にやるのは不安
  • やっぱり自分にはできない

と思うはずです。

夢の種は、それほど脆くて不安定なんです。

そこに誰かから「無理だよ」なんて言われてしまうと、「やっぱりそうだよね」ってなってしまうのです。

あなたにはそんな経験はありますか?

否定する人の正体

では、「無理」と行ってくる人の正体について考えてみましょう。

誰が思い浮かびますか?

  • 友達
  • 会社の上司
  • たまたま飲み屋で知り合った人
  • ネットの意見

さまざまだと思います。

では、その人達は、あなたがやろうとしていることに挑戦した人たちですか?

仮に挑戦していたとして、限界まで挑んだ人たちですか?

きっと違いますよね。

だって、夢を叶えた人、夢に向かって本気で頑張っている人は、これから夢を追う人を否定しないからです。

だとすると、あなたの可能性を奪っているのは、「夢に挑戦したことのない人」ということになりそうですね。

軽い気持ちの否定が、誰かの歩みを重くする

夢や、やりたいことを口に出すのって、とても勇気がいるんです。

僕もいまでは口に出せるようになりましたが、つい数年前までは

  • ばかにされるかも
  • 笑われたら恥ずかしい
  • そもそも叶うわけないもんな

と思って、言えませんでした。

なので、自分のやりたいことが否定される恐怖は痛いほどわかります。

この先、あなたが「それは無理じゃない?」と思うようなことがあっても、口に出さずに、飲み込んであげてください。

相手は、勇気を出して、「あなただから」相談してくれてる可能性もあります。

「いいじゃん、やってみなよ!」

そんな一言でいいから、相手の夢を、やりたいことを応援してあげてください。

世界中の人がそんなことを言えるようになったら、誰もがやりたいことができる世の中に近づくかもしれないから。

ネガティブな言葉は自分に返ってくる

相手を否定する人は、負のスパイラルにはまっていきます。

人間の脳みそは単純なので、口に出した言葉、耳から入ってきた言葉の通りに行動しようとします。

一種の自己暗示みたいな感じですね。

ですので、相手を否定する人は自分の口から発する言葉で自分自身も否定していることになるんです。

ここまで読んで、どう感じましたか?

人の夢を笑ったり、否定したりしていませんか?

その言葉は相手の夢を簡単に潰してしまううえに、あなた自身の可能性も奪っていきます。

そんなことも頭において、言葉の重みを少しだけ考えて、誰かの希望を摘み取らないように。

まとめ

男性がこちらを振り返っている
  • 夢や、やりたいことを口にするのは勇気がいる
  • だからこそ相談されたら否定しない
  • ネガティブな言葉は自分も潰す

あなたが夢や、やりたいことに向かって歩き始めたとき、あなたが過去に応援した人は必ずあなたを応援してくれます。

逆に、あなたが過去に否定した人は、あなたのことを応援してくれないでしょう。

自分の未来のためにも、今日から少しずつ使う言葉を変えてみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

よしき。91年うまれ。🔖フィリピン留学🔖カナダワーホリ🔖世界一周🔖元ゲストハウス支配人🔖🔖フリーで執筆、写真、動画編集🔖フジフォトギャラリー銀座で写真展。青とスキューバダイビングとミスチルが好き。