チャンネル登録してくれたら嬉しいです!

【コロナウイルス】人間のほうが怖いよねっていう話【マスク、満員電車】

「コロナウイルスが怖い、マスクも買えないし」
「景気も悪くなるし、オリンピックもどうなるの?」

たしかに不安なことは多いですが、コロナよりも人間が1番怖いなって思います。

この記事では、

  • コロナの症状よりも人間の方が恐ろしい
  • コロナの恐怖でなにも見えなくなっている
  • コロナから学べる大切なたったひとつのこと

について、解説していきます。

コロナの症状よりも人間の方が恐ろしい

窓越しに外を眺める女性

連日、コロナウイルスの話で持ちきりですが、あるドラッグストアで働く方の悲痛な叫びがニュースになっていましたね。

以下、全文を引用させてもらったので、知らない人は一度読んでみてください。

“現在、コロナウイルスに感染し、闘病している方々が回復に向かうこと、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

現在、コロナ問題で毎日ニュースが流れ、感染者・死者が出るたびに、恐怖が煽られています。私はコロナウイルス の専門家でも医者でもありません。ただのドラッグストア店員です。

12年勤めてきて、良い時も悪い時もありましたが、楽しく勤めてきた仕事だったのに。1.5カ月前。まさにコロナにより、マスクの供給不足となった頃から毎日毎日同じことを聞かれて、あげくキレられたりと増えてきました。

「マスクの入荷はいつ?」

「いつもないじゃない!」

「病人がいていつも買えないのに、1個くらい取り置きしてよ!」

今まで笑顔だったお客様が、全員鬼に見えます。

購入数量の規制もかかり、多く持ってきた方に説明すれば、不服そうに文句を言われます。

だけど「申し訳ありません」「すみません」と頭を下げます。きっと、「ありがとうございます!」よりも「すみません」の方が割合が多くなり、正直、ノイローゼ気味です。

電話もよく鳴るようになりました。

「在庫聞きたいんですが」

「いつなら入る?」

電話が鳴るたびにストレスです。

実際、マスクの入荷日には列が半端なく、レジスタッフも今までにない状況に過呼吸や貧血を起こす人も出ています。

そして、2日前から急に、今度はペーパー・生理用品・ベビーおむつまでも買い溜めする方が増えました。

ずっとレジから離れられない状況で、いつもの日常業務もまったくできなくなりました。

そして、また始まるのです。

「いつ?」「なんで?」など、数量も規制がかかり説明するたびに「これも?!」と。頭を下げる日々です。

ドラッグストア店員としては、コロナよりも怖いのは人間だと思います。

目に見えないものより、目に見える人間が怖いです。

優しかった人々が、殺気立って、とにかくイライラをぶつけてきます。

よく考えてください。医者も研究者も頑張ってます。マスク業者も頑張ってます。店員だって、今までの人数でひたすら頑張ってるんです。

ペーパー類なんてデマ情報に流され、買い込むから品薄になるんです。自分たちの首を自分たちでしめてるだけです。

家にこもるなら、ペーパーがなくてもシャワーで洗い流すなりできます。生理用品だって、10個も使いますか?布ナプキンだってあります。

少し落ち着いてください。

謝ることに疲れました。

私はウイルスよりも、人間が怖いです。ストレスで、声をかけられるとビクッとし、またマスクだ。消毒だ。と恐怖です。

会社からも「何度同じことを聞かれても、対応は優しく丁寧に」と言われました。

ですが、考えてみてください。同じことを作業を止められて毎回聞かれて、最後は「すみません」と謝るんです。1回、2回じゃなく、何十回と。

疲れます。とにかくノイローゼになります。

どうか落ち着いてください。それを願うばかりです。“

僕は初めてこれを読んだとき、「ああ、目に見えないウイルスのせいで、自分とまわりのことまでも見失ってる人が本当に多いんだな」というふうに感じました。

ウイルス以上に感染力が強いもの

マスクが品切れになったり、トイレットペーパーなどの買い占めが起こったり、もはやなにを信じればいいのかわからない人たちがパニック状態になっていますよね。

テレビやネットのニュースを鵜呑みにして、「まわりが買っているから自分も買っておかなきゃ」という焦りから、思考停止したままお店の前にできてる行列に並んでしまう。

心理学的にいうと「社会的証明」といって、これは人間が根源的に持っている「まわりと同じことをしたい」という心理に近いです。

例えば
初めての海外旅行で飛行機から降りたあとにどこへ向かえばいいかわからず、とりあえずまわりの人が進むほうについて行ってしまう。お店の「人気商品ランキング」も「まわりの人が使っているから安心」という社会的証明の安心感を利用しています。

これは「恐怖」という感情が、コロナウイルス以上に多くの人の感染している証拠でもあるなと。

そして、その恐怖に支配された人間が1番恐怖な存在だなというのを上記のドラッグストアの店員の声を聞いて再確認しました。

コロナの恐怖でなにも見えなくなっている

仕事できないから辞めたい男性

僕自身はマスクやトイレットペーパーを買うために何時間もお店に並ぶのは、言葉を選ばずにいうと「バカだな」というふうに思っていました。

だけど、

  • もし自分に小さな子供がいたら?
  • おじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らしていたら?

もしかしたら、僕も行列に並んでいたかもしれない。

そう考えたら、みんなそれぞれ状況が違って、守るべきものがあって、そこに他人がどうこう言うものではないと感じたのですが、関係ない人を傷つけることは絶対におかしいなと。

マスクが買えないからって店員さんに怒ったり、電車内で咳をしている人を怒鳴ったり、これを大の大人がやっていると思うと本当に情けないし、気持ち悪いなって思うんです。

だったら、そんな頭の悪い大人はコロナが終わるまで家から一歩も出るなと。

「お前の行動はコロナウイルスの比じゃないくらい害があるぞ」って言ってやりたいくらい。

そんな大人が与えるコロナよりも怖い影響

穴

もしも店員に怒ったり、他人に横柄な態度をとっている大人を小さな子供が見ていたら?

その子供が、

「こういう場面では、他人を傷つけても良いんだ」

という間違った解釈をして育ってしまったら?

その子供が大人になったとき、平気で人を傷つけるような人間になってしまうかもしれない。

そしたらその姿を見せてしまった大人というのは、コロナなんかよりもずっと恐ろしい影響を与えてしまったことになりますよね。

こんなときだからこそ、大人がしっかり地に足つけなきゃいけないんじゃないですか?

僕はコロナが広がることと同じ、いやそれ以上にそっちのほうが心配です。

なぜ簡単なことがわからないのか

砂時計

もしこれが致死率100%で感染力がものすごく強いウイルスであれば、誰だってパニックになると思う。

だけど、そうじゃない。

たしかに亡くなってしまった方はいるけれども、絶対に死んでしまうわけではない。

血眼になってマスクを買い占めてるけど、それって本当に全部必要?

マスクを必死に集めるよりも、満員電車を避ける方法を考えたほうがよくないですか?

リモートワークでもできそうな仕事なら、会社に提案してみたらどうですか?

コロナが蔓延している間は、ずっとイライラしながらマスクを探して過ごす気ですか?

それってめっちゃコスパ悪くないですか?

とにかく深呼吸して、少し落ち着いて考えればわかることだと思います。

コロナから学べる大切なたったひとつのこと

たんぽぽと夕焼け

そしてこれが僕が1番伝えたいことなのですが、

コロナが怖いといって、他人を傷つけてまで自分を守ろうとする大人。

あなたたちは、死にたくないって思えるほど、1日1日を真剣に生きてるんですか?

やりたいことやってますか?

やりたいことがないなら、探す努力をしてますか?

なんにもしてないですよね。

だからまわりが慌ててると、流されて自分も焦ってしまう。

生きていく上での自分の芯がないから。

ドキッとした人は、自分に問いかけてみましょうよ。

  • 「もしもコロナが致死率100%のウイルスだとして、死と隣り合わせの生活になったら、どう思う?」
  • 「やっとけばよかったなって後悔することあるんじゃないの?

って。

もしそこで自分の気持ちに気づけて一歩踏み出すきっかけになったら、ただ周りに流されて怯えるだけの人生から抜け出せるよ。

まとめ

  • コロナの症状よりも人間の方が恐ろしい
  • コロナの恐怖でなにも見えなくなっている
  • コロナから学べる大切なたったひとつのこと

すみません、今回の記事は思いつきでバーっと殴り書きをしたので、支離滅裂かもしれないです。

ただとにかく、無闇に人を傷つけるのはやめよう。子供があなたのかっこ悪い姿を見てる。

そしてこんなときだからこそ、自分の気持ちに向き合ってみよう。

亡くなってしまった方々のご冥福をお祈りするとともに、1日でも早く安心できる生活が世界中に戻ってきますように。

YouTube始めました!

よしきちゃんねるを開設しました。

ブログと同じように、

  • 一歩踏み出す方法
  • やりたいことで生きていく方法
  • 脳や心理学を使った人生の変え方

などを発信しているので、チャンネル登録してくれたら嬉しいです!


チャンネル登録してくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA