よしきの説明書

 

【生い立ち】

 

よしきってどんな人?
なんで海外のいろんなとこに行ってて、
いまは江ノ島にあるゲストハウスで働いてるの?
海外行く前は?仕事は?学校は?、、、

 

僕自身たくさんの人から聞かれることなので、
ブログに書いてしまおうと思います!

 

【幼少期〜小学生】

 

 

神奈川県茅ヶ崎うまれ。
父親、母親、弟(7つ下)の家庭で育つ。

 

じっとしていることができず、すぐにいたずらを繰り返し
その度に父親に布団叩きでひっぱたかれるようなやんちゃ坊主。
そのわりに引くほどシャイ。

 

小学校の入学式では隣の席の女の子のスカートを急にめくり教室がざわつく。
そのわりに引くほどシャイ。

 

とにかく自他共に認めるくらい引くほどシャイ。
知らない人と話すのが苦手。
学校では友達が多かったけど、幼少期から小学校の高学年まで
7年間通ったスイミング教室でできた友達はほとんどいなかったと思う。

 

このころ深海には興味があったが、海外には一切の興味がなく
毎日ひたすら机の裏に鼻くそをはりつけて過ごす。

 

【中学生】

 

 

勉強大嫌い少年。
そのかわりスポーツ万能といわれ、球技が大好きだったのに陸上部に入部。
いま思うと本当に謎であるが、大好きなボールが使えない(当たり前)
ので2年生から幽霊部員に。

 

クラスの中心にいて、人に面白いことをやらせて高笑いするタイプ。
とにかく口が悪くて短気。性悪。
そのわりに知らない人には相変わらずシャイ。

 

このころドラクエには興味あったが、海外には一切の興味がなく
毎日ひたすら家でギガスラッシュ。

 

【高校生】

 

 

勉強も部活も一切せずに、毎日遊びの限りを尽くす。
夢や目標、やりたいことなど一切ないがいまが楽しければいいや!
というスタンス。
人見知りを通り越して、知らない人に話しかけられるとすぐにイラっとする【出会いなんてクソくらえ人間】
そのかわり仲のいい友達は人一倍大好き。

 

英語の先生と取っ組み合いの喧嘩になり1週間謹慎にされ、
英語の勉強なんて一生しないと誓う。

 

大人を含めた年上が大嫌いでひまさえあれば反発。
きっと人生で1番人に迷惑をかけた時期。

 

このころmixiには興味あったが、海外には一切の興味がなく
毎日ひたすら他校の女子に足跡残す。

 

【高校卒業後】

あっという間に3年間が終わり、まだ遊びたかったため進学を決意。
が、高校側から「お前が行くと高校の評判が落ちるから」と大学受験の許可すらもらえずそのままフリーターの道へ。

 

周りが大学に行ったり、就職したりするなか高校2年生から続けていたお寿司の宅配のバイトをなんとなくこなす日々。
相変わらず地元しか知らず、いつも同じメンツに囲まれ、やりたいこともない。
でも、それが【あたりまえ】【普通】だと思って生きていたんですね。

 

この頃の口癖は「やりたいことない」「人生つまんない」

 

このころになっても海外の「か」の字すらないほど興味がなく、
死ぬまでに1度も日本を出ることはないと信じ切っていた。

 

【社会人】

20歳という節目を迎え、ここで1回社会の荒波に揉まれた方がいいと思い、
有名な大手運送会社で配送の仕事を始める。
が、噂以上の激務ストレスでみるみる疲弊して人と関わるのが億劫に。

 

なにを考えてもネガティブ。
生きてる意味を見出せずにいました。

 

そんなどん底にいたとき、たまたま手に取った
「何日間で行ける海外旅行〜」みたいな本に載ってる世界中の絶景に衝撃を受ける。
ここで初めて

 

「もしもこんな景色を自分の目で見ることができたら、、、」

 

という気持ちが芽生える。
でもその気持ちが芽生える度に

 

「まさか自分が海外なんて行けるわけない」と。

 

英語もできない、パスポートもない(この時は取り方すら知らなかった)、
そんな自分には到底見れない景色なんだと自分に言い聞かせてました。

 

【転機】

そんな葛藤を抱えながら迎えた社会人2年目のクリスマスの日。
仕事中に経験したことのないような脱力感と悪寒に襲われ、
病院に行くとストレス性の胃腸炎で胃が傷だらけと伝えられ即入院。

 

ベッドの上で3日間過ごしてる時に

 

【あれ?俺の人生ってなんなの?】
【やりたいこと見つけないと一生これの繰り返しじゃない?】
【このままじゃ死ぬ時に数えきれないくらいの後悔を感じる】

 

と初めて自分の人生と向き合う。

 

しかし、このときすでに

 

【この会社を辞めたら自分には行き場所がないから、、、】状態。

 

全然そんなことないはずなのに、周りが見えなくなってしまうんですよね。
辞めたいのに辞めれない、、、。
きっとこんな状態の人はたくさんいるはずです。僕もその1人だったから。

 

そんな僕がとった方法は

 

【ハワイ行きの航空券を取ってしまう】でした。笑

 

別に場所はどこでもよかったんですけど、5日間。
当時の僕には仕事を辞めなければ到底行くことのできない日数だったのです。

 

友達を誘い、ハワイに行くためにパスポートを取り、
航空券とホテルを予約して、
仕事を辞めなきゃいけない状況をつくりました。

 

一歩踏み出してみたらあとは早かった。
退職の手続きもあっさり。
そりゃそうだよな。

 

だらだら惰性で仕事を続けてるやつが会社にとって必要な存在なわけない。
おれの代わりなんていっくらでもいるんだ。

 

だから、、、

 

【やりたいことを見つけなきゃ】
【自分の人生を生きなきゃ】

 

そうしなきゃきっと死ぬまでこの繰り返しだ。って。
ここで人生を変えなきゃ。

 

そう思い、唯一興味があったスキューバダイビングのライセンスを取りに
ひとりで2週間石垣島へ。

 

これが人生初の【ひとり旅】
この旅が僕の人生を180度変え、
毎日笑顔で楽しく仕事ができている
【いま】に繋がるきっかけに。

 

 

よしきの説明書 第二章へ →→